炭水化物の利便性と問題点

メディカルバドの記事をお読み頂きありがとうございます‼️

 

たくさんのサイト・記事の中から私の記事を選んでくださり感謝申し上げます♪

 

本日もバドミントンに関わる方々に有益な情報を提供できたらと考えております!!

 

【栄養素について】

バドネットの記事をお読みいただいているあなたの声を聴かせてください!!

質問・意見・感想などをコメントしていただけると幸いです✨

あなたの悩み解決の記事を投稿します(^^)

 

==========

短期的単発的にエネルギーを必要とするときには、

糖質によるエネルギーが必要!!

でも、摂りすぎると・・・

==========

 

 

人のエネルギー源には、

・糖質

・脂質

 

の二つの種類があります。

 

どちらもメリット・デメリットがあります。

 

本日は糖質、炭水化物について。

 

 

炭水化物はエネルギー生成速度が速く、

 

最速最短で爆発的エネルギーを生んでくれます。

 

つまり、短距離やコート競技(勿論バドミントンも)など速い展開でのエネルギー源として有用です。

 

逆にマラソンなどの長時間の種目にはあまり向いていません。

 

 

よくテレビでバナナ食べてる人いますよね笑

 

 

しかし!!

 

糖質は糖質。

食べ過ぎると太ります笑

 

糖質は、食べ過ぎると太ります!!

 

大事なので2回笑

 

 

そして、食品を見ておかないと、血糖値の乱降下が起きてしまい、自律神経への影響が強く出ます。

身体の疲労感もここから生まれます。

 

なので、試合前などには、あまりたくさんの炭水化物は取らないほうがいいですね。。。

もし、摂るとしたら、

 

しっかり噛んで!!

これもう、本当に大切。

 

 

噛むだけで、内臓へのストレスがどれほど軽減できるか。

噛むだけで満腹中枢が刺激出来て、どれだけ痩せられるか。

 

 

まとめると、

・炭水化物はエネルギー源として最速最短で最大エネルギーを短時間発揮できる

・炭水化物だけでは長時間の運動は困難

・炭水化物だけでは太る

 

です笑

 

(画像はネットから拝借しました)

 

少しでも参考になれば幸いです(^^)

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!!

 

皆様のプレーやパフォーマンス向上に役立つことが出来ましたら、

 

幸いです。

 

質問や意見などはいつでもご連絡下さい!!

 

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月生達也理学療法士兼バドミントントレーナー

投稿者プロフィール

始めまして、理学療法士をしながら、バドミントンのトレーナーをしております、月生です。

私は、高校の頃から現在までバドミントンを続けており、今年で10年目になります。

現在は、病院で理学療法士をしつつ、大学の部活動へトレーナーとして、選手のケア・オアフォーマンスアップのためのメニュー提案やストレッチ提案などを行っています!!

バドミントンの経験と理学療法士としての知識を用いて、皆様に健康で安全なのに、パフォーマンスが向上する情報を提供できればと考えております。どうぞよろしくお願いいたします!!

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る