神は細部に宿る⑥ 肩甲骨

メディカルバドの記事をお読み頂きありがとうございます‼️

たくさんのサイト・記事の中から私の記事を選んでくださり感謝申し上げます♪

本日もバドミントンに関わる方々に有益な情報を提供できたらと考えております!!

【肩甲骨の柔らかさ】

細部シリーズ⑥

 

本日は、肩甲骨について

 

(写真はネットから拝借しました)

 

 

皆様、肩こりとかないですか?

 

で、そのとき、肩だけしか触っていませんか?

 

勿論硬いのは方かもしれません。

が、その原因はどこにあるのでしょうか。

 

一時、健康法の一つとして、

肩甲骨はがし

が流行しました(^^)

 

それ、いいですよ。

 

肩甲骨は上の図を見ていただくとわかるように、多くの筋肉で囲まれています。

 

そのうちの一つ、

 

菱形筋

 

が固くなり易いんですね。

 

これは、肩甲骨を固定する筋肉です。

 

でも、バドミントンをする上で、

 

腕って伸ばしたくないですか?

 

つまり、

 

構造的にも感覚的にも、

長い腕

になりたくないですか??

 

 

この菱形筋が硬くなってしまうと、

 

肩甲骨が外側にいきにくくなり、

 

肩関節の動き

つまり、

腕の動き

 

が制限されてしまいます汗

 

 

なので、この菱形筋

 

を柔らかく、し

外に広がる余裕をもつ

肩甲骨にしていきましょう!!

 

 

①肩甲骨の内側にボール

 

これまでと同様に、場所は硬くなっているところ。

 

そこに、ゴルフボール大のものを置きます。

 

その上に寝転がる

 

以上。

 

 

簡単なストレッチ方法です笑

 

 

でも、硬いところに、硬いボールなので、痛いかもしれません。

 

ボールの硬さは自分自身でいろいろ研究してみてください(^^)

 

 

②肩甲骨はがし

 

 

巷で話題の健康方法。

 

 

これを簡単にするのが、

 

 

腕を前に出来るだけ伸ばし、

 

伸ばしたまま、両腕で、自分を抱きしめる。

 

自分の右手の先が、左の肩甲骨の内側へ、

左手の先が、右の肩甲骨の内側へ

 

触れるくらいに、肩甲骨を外に広げていきます。

 

 

なかなか、動かないでしょ?

 

 

これを日々行いながら、

 

柔らかい肩甲骨にしていきましょう!!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!!

 

皆様のプレーやパフォーマンス向上に役立つことが出来ましたら、

 

幸いです。

 

質問や意見などはいつでもご連絡下さい!!

 

ありがとうございました。

 

ーーーーー

イベント告知‼️

山梨県にて、バドネットでも投稿している、

「体の使い方・作り方」の講座を開催✨

ご興味のある方は是非♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月生達也理学療法士兼バドミントントレーナー

投稿者プロフィール

始めまして、理学療法士をしながら、バドミントンのトレーナーをしております、月生です。

私は、高校の頃から現在までバドミントンを続けており、今年で10年目になります。

現在は、病院で理学療法士をしつつ、大学の部活動へトレーナーとして、選手のケア・オアフォーマンスアップのためのメニュー提案やストレッチ提案などを行っています!!

バドミントンの経験と理学療法士としての知識を用いて、皆様に健康で安全なのに、パフォーマンスが向上する情報を提供できればと考えております。どうぞよろしくお願いいたします!!

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る