バックハンドロブで打球が上がりにくい。どうすればよい?

こんにちは。樋口です。

バックハンドロブなどを行うとき、シャトルが高く上がりにくい場合があります。

なぜそんなことが起きるのでしょうか?

今回は、右手首の形とラケット面の向きの錯覚という視点から考えてみます。
最後までお付き合いのほど、宜しくお願い致します。

 

(ステージ1)
【原因①】ラケット面がフォワードスイング(テイクバック〜インパクト)で正面を向いているため、手首が猫手(掌屈)になり、前腕(手首〜肘)回外動作(右捻り)で、ラケット面が下を向いてしまう

面が正面向き1 面が正面向き2

バックハンドでよくある誤解が、テイクバックやフォワードスイング(テイクバック〜インパクト)時に、ラケット面を正面に向けてしまうことです。

それは打球を前に打つので、ラケット面を正面に向けるということなのですが、バドミントンのシャトルは軽いため、実は前腕(手首〜肘)の捻りもスイングに付加できるのです。

使える身体のパーツはなるだけ多く使った方がパワーが増すという考え方です。

バックハンドで前腕(手首〜肘)を約90度右に捻るということは、ラケット面が最初から正面を向いていると、下に向いてしまうことになります。

しかも手首が猫手(掌屈)になっていると、前腕(手首〜肘)外側の筋肉が伸びきってしまうため、それらの筋肉が接続している肘関節上の筋肉付着部分が引っ張られてしまいます。

すると、付着部分がキズつき、痛みが発生するリスクが増加します(俗称「野球肘」)。

 

【原因②】グリップの握り(バックハンドグリップ)で、親指と人差し指との間隔が広すぎる

指間隔が広い1 指間隔が広い2 指間隔が広い3

バックハンドグリップで、親指と人差し指の間の空間が約1cm以上あると、親指はグリップ面の左横の広い面に置かれることが多いです。

左横の面は、正面の対して後ろ方向になるため、面を前に押し出すのには最適です。

しかしながら、スイングを続けると、手首関節も前方向に曲がりますが、上記バックハンドグリップですと、手のひらを下に伏せた形で、手首関節を右方向に曲げる形になります(尺屈)。

この動作では、手首関節の構造上、20cm程度しか右方向に動きません。

そこで手首の右方向の動きにロックがかかっても、エネルギーは無くなりません(エネルギー保存の法則)ので、そこで腕に右側に捻れる動きが発生します。

腕が右側に捻れると、正面を向いていたラケット面は、下を向いてしまいます。

ですので、上方向に上げにくくなってしまいます。

加えて、下を向くタイミングは、指や腕の力の入れ具合で変わってきますので、ストロークが不安定にもなりがちです。

 

(ステージ3)
【対策1】構えた時にラケット面の打球面を上向きに向け、インパクト時に正面やや斜め上に向けるように意識する(上記「原因①」の対策)

※下記【対策2】の動画をご参照ください

バックハンドストロークの多くは腕の右捻り(回外動作、外旋動作)を伴って行われます。

捻りの動作は、関わる腕の筋肉の骨に付着している部分(肘関節周り)に負担をかけますが、バドミントンのシャトルは軽量なため、この捻り動作をいれても肘を傷めにくいためです。

インパクトではラケット面は正面やや斜め上を向きますので、それまでに右捻りが入るとすると、約90度程度左に捻った状態からスタートすることになります。

すなわち、ラケット面が横に倒れた状態なら「上向き」、ラケット面先端が左斜め下向きなら「左斜め前向き」、ラケット面が立った状態なら「右斜め前向き」から、それぞれスイング(右捻り)が開始されるということになります。

 

【対策2】親指の位置をグリップ左斜め上の斜辺(包丁持ち状態で)に置き、親指と人差し指の間の空間を狭くする(上記「原因②」の対策)

ミスの少ない握り方1 ミスの少ない握り方2 ミスの少ない握り方3

親指の位置がやや上方向になることにより、前方向に親指自体で押す力は少なくなります。ですので、上記の原因②であげたような、手首に前方向に行く動作にロックがかかり、腕が右旋回する際、右旋回する力も減じられるため、ラケット面が下まで向かずに済むことになります。

加えて、スイングをスタートさせる時に、左斜め上の斜辺を真後ろに向けることで、ラケット面(打球面)が、斜め上を向いてくれることで、右捻りを入れるとインパクト時に、丁度ラケット面が正面やや斜め上を向いてくれるというメリットもあります。

 

【備考】

ラケット面を最初から正面に向けてバックハンドロブなどを打つ動作ですと、上記のような理由で、上方向に上がりにくくなる分、右肘を大きく上に振り上げるような動作になりがちです。

しかし、この動作は肩が支点になる分、スイングの回転半径が長くなります。
回転半径が長くなると、ラケット面のスイング速度(加速度)が落ちるという物理法則があるため、低い球が来た場合に、シャトルを急角度で打ち上げるスイング速度が得られずに、ネットミスするリスクが非常に高くなります。

ラケット面や指の微細な調整で結果が変わります。
バドミントンは本当に繊細な調整が必要なスポーツと考えます。

お試しください。

今回も最後まで、お読みいただきありがとうございました。

次回は、「ドライブで強く打とうとすると、身体のバランスが崩れてしまう。もう少し安定して振れないか?」です。

※指導で、実際に有益な効果があがったことを確認の上で、報告しておりますが、技術の答えは、一つではないと考えております。他の指導法を否定する意図はございません。その点ご理解の上でお読み、お試しくださればありがたいです。

*********

バド技術コラム「バド♪Remaking」の内容を実際に講習会でおこなっています。
ご興味のあるかたは、下記のリンクをご参照ください!

フェイスブック:https://m.facebook.com/groups/314503432652620
ウェブサイト:http://badlesson.blog.jp/

*********

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樋口 孝雄バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)

投稿者プロフィール

バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)
1966年2月4日生
東京都国分寺市在住
実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ

競技歴:1982~2001年
指導歴:2002年~

私のバドミントン生活は高校から始まりました。運動系全般が苦手な私でしたが、何かスポーツをやりたくてバドミントン部を選びました。
当時、技術指導者はいませんでしたので、仲間よりワンテンポ遅れてしまう自分が、どうしたら理論的に技術が身につくかを、常に考えるようになっていました。この頃の背景がベースになり、今の私の技術指導スタイルが確立されたといえます。

元来、教えることが好きなこともあり、十数年前に小学生の指導を始めました。時間が許す限り、バドミントンのみならず、他競技のDVDや書籍etc.情報を集めては分析・検証し、よりシンプルでわかりやすいスキルアップ方法とは何か、知識と経験を積み上げてきました。現在は、技術指導者のいない中学生を中心に、学齢前から成人までのサポート活動をしております。

同じ指導でも、すぐ体現できる人もいれば、時間のかかる人もいます。指導する側にも、個性を生かした工夫が求められていると、身につくまでの道のりが遠かった私自身の体験から、感じています。

これまでの蓄積と、今後のさらなる追求を少しでも共有でき、特にお悩みを抱えている方々の微力ながら、お役に立つことができれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

競技歴詳細:

東京都立小平西高→法政大学バドミントン同好会72

主催指導活動:

「癖動作矯正指導法」研究及びレッスン
→(http://minton.blog.jp/archives/306166.html)
西国分寺バドレッスン for 中高生 代表者
→ (https://minton.jp/Group/detail/158)
バドミントンNPO団体 東村山フリューゲルス代表者

外部指導活動(東京都内):

実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ
堀越高等学校 男子バドミントン部
練馬区立中村中学校
東久留米市立中央中学校
他中高計8校、一般3団体

この著者の最新の記事

関連記事



空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る