卓球教室での鬼越練習(依佐美S.S.C)

本日の鬼越動画は、
卓球教室での鬼越練習です。
依佐美S.S.Cの卓球教室(クラブ)に責任者のご厚意でお邪魔してきました。

鬼越の設定は、点灯間隔0.7s、F=20%です。タッチ回数は15回としました。

フォア側は普通にタッチ!
バック側は回り込んでタッチするフットワークを意識して練習してもらいました。

タイムを友人と比べて、一喜一憂するジュニア達でした。

卓球の鬼越練習では、
バック側を回り込んでタッチする練習をよく取り入れられます。
当然、バックのフォームでのタッチ練習もありますが、移動距離を考慮して回り込んでの練習が多いです。

今回はジュニアの教室だったので、卓球台の短い辺に設置(タッチボタン間約1m)しましたが、もう少し上のクラスだ

と、卓球台の長い辺を利用して、距離2mで同様の練習をこなされています。

距離2mだと、結構、心拍数が上がります。
また、素早く動くため、フェイントへの対応(リムーブ)が速いです。
十分、卓球のフットワーク力アップに有用と思います。

スポーツ別では、卓球選手の反応力が最速かもしれませんね!

良い週末を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



空白

空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る