onigoe 「感じて、処理して、命令!」の鍛錬

間が空いてしまいました。
すみません。
すっかり秋です。朝夕肌寒いです。

さて、
生体信号に関わる事象を解析の経験を自己解釈です。(仮説です)

たまにですが、オニゴエ君0号は、
ある特殊な特別な場所で、ある特殊な特別な“事”を実施します。
結構、重要な役割を担うことがあります。
とても稀にですが・・・・・。生体信号に関わる事象を解析しております。

その解析結果を元にした仮説です。

脳からみて入ってくる信号(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)を
脳内で処理して、脳からみて外への信号(運動への神経)を出力。

「感じて、処理して、命令!」とでもいいましょうか。
命令の先に行動(動き)があり、動くものがあります。
たぶん、
筋トレはこの行動(動き)と動くものに関るかと!

では、
この「感じて、処理して、命令!」を鍛錬するにはどうすればいいでしょう?

言明はできませんが、
予期せぬ事象の連続がこの「感じて、処理して、命令!」の鍛錬になると思います。

日々の練習において、「感じて、処理して、命令!」の鍛錬!
それは、フェイントを組み込んでの練習方法にあると思います。

一定のリズムではなく、
予期せぬタイミングでの球だしフットワーク指示。
これらは、「感じて、処理して、命令!」の鍛錬に十分な効果を与えます。

そして、この予期せぬ事象が、心肺機能向上にかなり効果があります。
短時間での練習で心肺機能をアップさせるには、予期せぬ事象を盛り込んだ
練習を繰り返すことです。
inの信号も予期せぬ事象となります。

これからの練習、鍛錬の参考になれば幸いです。

ついでですが・・・・
予期せぬ事象を盛り込んだ練習はあるレベルと時間を超えれば、
もう、予期せぬ事象とはなりません。(個人差はありますが・・・・・)
次の動きが読めた時点で、予期せぬ事象ではなくなり、
「感じて、処理して、命令!」の鍛錬効果は薄れます。
同時に、心肺機能向上の効果も薄れます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る