反応時間短縮(反射)を目指すには!(生体信号解析からの仮説)

以前、予期せぬ事態でのグリア細胞の伝達についてお伝えしました。
それに関連してのお話です。

たまにですが、オニゴエ君0号は、
ある特殊な特別な場所で、ある特殊な特別な“事”を実施します。
結構、重要な役割を担うことがあります。
とても稀にですが・・・・・。

生体信号に関わる事象を解析しております。

その経験を踏まえてのお話です。

筋トレ・・・・皆さん、されますよね。

昔からある練習としては、腕立て伏せ、アヒル(死語ですかね)、
うさぎ跳び、スクワット。。。。
最近では、ダンベルやサイベックスを活用しての
筋機能を理解してのピンポイントのトレーニングもありますね。

しんどさは、今も昔も変わらないかと。

これらの練習で、多くのエネルギーを発散できる筋肉が形成されます。

これとは、別に心肺機能のアップには、ダッシュ、ランニング、中距離走を
実行されているかと。

そして、コートの中では色々な場面を想定しての
パターン練習、試合形式の練習を行っておられることと想像します。

<昔の経験を元に想像で書いております>

話、変わりまして
五感って言葉がありますね。
視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚。
これって、脳をコンピュータのCPUに例えると、すべて脳へ向かう(CPUへ向かう)信号です。
inputですね。
例えば、視神経から入る信号を脳で処理して画像とします。
その画像を元に筋肉へ動け!の信号を送ります。

逆に、outの信号は、さまざまな筋肉を動かす信号です。
脳からの指示で、さまざまな筋肉が動きますね。

見て、処理して、動く。の流れでしょうか。

この「見て、処理して、動く」までの時間が短ければ短いほど
反射神経が良い。反応が速いということになります。

この反応速度が速い!のトレーニングはどのように実施されているのでしょうか?

生体信号に関わる事象を解析の経験を自己解釈して、次回お話したいと思います。
あくまでも、仮説です(たぶん、正しい!と思ってますが。。。。)


非売品ですが、贈呈するオニゴエ君Tシャツ出来あがってきました。
お披露目の写真です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る