障害者アスリートの鬼越 <“第22回 東北障害者バドミントン選手権in仙台”>

暑いですねぁ~!体温調整で参ってます(笑)暑い!

明日から長野では恒例の“バドキャン”ですね。
椅子ミントン、初代王者の方は今回も王座の位置をキープできるのでしょうか?
報告に期待の週末です。

さて、
本日の鬼越は障害者アスリートに鬼越を活用して貰ってのご報告です。

動画は、
先週仙台市で開催された“第22回 東北障害者バドミントン選手権in仙台”
での試合の合間にアスリートの皆さんに鬼越を体験して頂いた中の一例です。

※仙台のこの大会・・・・・暑さに比例しての熱い大会でした※

前回記述した通り、
足に障害のあるアスリートの持久力アップ練習には水泳を勧められます。
足、身体への負担をなるべく軽くして、
且、心肺機能向上を目指すにはプールでの水泳、歩行での練習が一般的です。

しかし、フットワークを必要とする競技には、
その動きに適した動作での持久力向上が望ましく思えます。

今回、鬼越を体験して頂いたアスリートの面々。
『義足との勘合部へ違和感が確認された時は速やかに中止!』を約束して貰っての
鬼越エクササイズ体験でした。

動画の設定は、距離≒3m 点灯間隔は1.0秒。F=20%

義足のアスリートは、素早く動くことが困難です。
しかし、球の速さは待ってくれません。
又、
フェイントに引っ掛かってからのリムーブも速くは反応出来ません。

障害者アスリートの鬼越エクササイズでは、
持久力の向上を一番の効果と上げておりますが、繰り返しのこのエクササイズで、
反応力、集中力も十分培うことが十分可能と、今回御協力して下さったアスリートの皆さんの
動きで確証を得ました。

ただ、このエクササイズは・・・・・しんどい!
ひたすら・・・・シンドイ!

この「しんどさ」に耐えたアスリートだけが次のSTEPへ上がれる。
それだけ、障害者アスリートにはこの鬼越エクササイズは厳しい。

それぞれの想いが強いほど、この鬼越エクササイズが必要になる!と感じた仙台でした。

義足との勘合部へ違和感が生じない限り、継続して頂きたい鬼越エクササイズでした。

ではでは、
良い週末を・・・・・お過ごしください。暑い!!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る