障害者アスリートの鬼越エクササイズ

涼しかったり凌ぎやすかったり寒かったり、、、
の、
ここ三河です。体調管理が本当に難しい日が続きます。

さて、
本日の鬼越は障害者アスリートへの鬼越活用例のご報告です。
(動画はおいおい記録していきます。本日はオニゴエ君静止画で!)

足に障害のあるアスリートの持久力アップ練習には水泳を勧められます。
足、身体への負担をなるべく軽くして、
且、心肺機能向上を目指すにはプールでの水泳、歩行での練習が
一般的だったと思います。

実際、足に負荷を掛ける事が難しい状態ですから、
ランニングによる心肺機能アップ、持久力強化は厳しいものがあります。

鬼越エクササイズが、短時間で心肺への負荷が可能であることを
何人かの理学療法士の先生に、健常者の鬼越エクササイズ動画を提示して、
ご意見を頂戴しました。

この鬼越エクササイズで持久力のアップが十分に見込まれるとの見解です。

かなり足等へ負担が掛かりますので、
そのあたりの規制(注意事項)についてもお聞きしました。

返答は、
『競技中、練習中はもっとおおきな負荷が掛かってきます。
持久力アップには、10回×2setを時間をあけてでも良いので、
日に3回行えば、持久力、心肺機能向上が十分見込まれます』
とのことでした。

鬼越!
障害者アスリートの持久力、心肺機能向上へ、活用してもらえるよう
データ収集を開始していきます。

ではでは、
良い週末を・・・・・お過ごしください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る