7月5日 BWF81周年 アジアジュニア なでしこ

7月5日 BWFは前身であるIBFの誕生から81周年を迎えました

 

バドミントンの国際的組織が初めて誕生したのは1934年のこと

カナダ、デンマーク、イングランド、フランス、アイルランド、オランダ、ニュージーランド、スコットランド、ウエールズの9カ国で始まったバドミントンの国際的組織は今や182カ国のメンバーで構成されるまでに成長してきました

 

IBFが本部をマレーシアのクアラルンプールに移動したのは2005年7月、1年後にはBWFという名前に変更しました

 

イングランドのSir George Thomas が初代会長となりその重責を21年間果たし、最長の在籍期間を過ごしました

いまは デンマークの Poul Erik Hoyerを会長とし ペルーの Gustavo Slazar Delgado が副会長ThomasLund が事務局長を務めています

bwf2

バドミントンの国際的組織誕生から81周年の記念の日 様々なことがありました

 

団体戦銅メダルの後のアジアジュニア個人戦 準決勝

MS 渡辺勇大 10-21、12-21 LinGuiPu 中国

WS 荒木萌恵 13-21、21-14、15-21 ChoChuwongPorupawee タイ

WD 志田千陽・松山奈未 11-21、16-21 ChenQinChen・JiaYiFan 中国

準決勝敗退でしたが 3位銅メダルで試合を終了しました

山口茜選手が不在だったとはいえ、なかなかの好結果をもたらしてくれたと思います

おめでとう!

06

そしてもう一つ

カナダのバンクーバーで開かれていた女子サッカーワールドカップ なでしこJapan

アメリカとの決勝戦

残念ながら 2-5で準優勝という結果に終わりました

なでしこの戦いぶりは本当に立派でした ありがとう!

 

 

急速な高齢化が進む日本の中で 若者の数が減り 競技者としてのスポーツ人口が減少する時を迎えます

団体スポーツに人数が揃わなくなり 個人スポーツも多様化しています

 

東京オリンピックを5年後に控え 社会に活力を与えてくれる様々なスポーツが ますます盛んになることを祈りたいと思います

スポーツ選手の躍動感は 感動を与えてくれます

 

そのためにも BWF81周年に限らず 国内の競技組織も充実してくれることを期待します!

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小暮 直隆BWF情報

投稿者プロフィール

1956年12月21日生 170cm 72キロ B型 
群馬県太田高校→北海道大学→塾講師→暇人 

40歳を過ぎて始めたバドにはまりシニア大会などに参加していたが、体力低下とともに情報通の道へ方向修正中!
バドに関するデーターを収集することで上達を早められるのではないかと模索!

全日本シニア(MS.MD )出場
関東シニア(MD)3位
バドミントン大好きなバド変態(笑)

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る