「ゆっくりでもいい!自分の力でやり遂げろ!!」by田岡監督(陵南高校)スラムダンク

皆様いかがお過ごしでしょうか??

私はといえば風邪気味になってしまい体調がぐずついておりました(/_;)

幸いにも激しくなることはなく喉のイガイガが残っていますがほぼ復調してまいりました。

 

そんな中、以前から依頼を受けていた小学校のバドミントン教室の講師を務めました。

当日は初めてラケットを握る子たちと楽しくバドミントンをしてきました(^^)/

(写真わすれた・・・)

 

見守ることの大切さ。

バドミントン教室での出来事。

次の練習に移ろうと思い

子どもたちに

「カゴの中から綺麗なシャトルを一人5個持ってきてください!」

と伝えました。

 

子どもたちはダッシュでカゴに向かいます(^^)

子どもたちがカゴを漁っていると、一人のお母さんがシャトル5個をカゴから取り出して子どもたちに手渡し始めたのです。

 

 

それを見た私は・・・

 

 

子どもを持つ親の気持ちになってみました!!(子どもはいませんので)

 

 

シャトルのカゴを前にして

「あれやこれや、あーでもないこーでもない」言いながらなかなか5個のシャトルが準備できない我が子を見て・・・

 

 

「ほら、シャトル5個!これもってコーチのところに早く戻りな!!」

 

 

その気持ち・・・

わからんでもないかもしれない(^_^;)

 

子どもを見ているとヤキモキするだろうし・・・

なんでシャトル5個準備するのにそんな時間かかるの!(ぷんぷん)

 

わかります。

 

実は

指導者も同じ気持ちなのです。

 

大人が準備した方がはるかに早いし、たくさん打つ時間も作れますからね。

がしかしです!

いつも大人が用意してあげていたら子どもの「シャトルを選ぶ能力」は育ちません。

時間がかかっても「自分の力で成し遂げる」

 

そのとき必要なことは辛抱し見守ること。

 

私の好きなスラムダンクの中から・・・

陵南高校当時1年生の魚住はフットワークが大の苦手

毎日フラフラになる魚住に

 

「ゆっくりでもいい!自分の力でやり遂げろ!!」

 

田岡監督は魚住に手を貸すことなく見守り・声をかけ続けました

その後魚住は県内トップクラスのセンターへと成長していきます。

指導者も保護者も辛抱し見守る時間を大切にしたいですね。

 

ではでは、今回もお付き合いありがとうございました。

スラムダンクの一幕

スラムダンクの一幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

齋藤 聡史バドミントンで社会共育

投稿者プロフィール

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):178cm / 70kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→総合型地域スポーツクラブ

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを始めました。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習に興味を持ち、現在は総合型クラブにて社会体育活動の場と機会の提供に携わっています。

「地域の家づくり」を目標に青少年のバドミントン指導に注力しています。
バドミントンの競技力向上を通じて選手とともに勉強の日々!
信州の南側で活動しています♪

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る