今と未来がつながっていますか?

こんにちは。

日曜は私自身も久しぶりに個人戦に出場しまして。

単複を一日で行うのはなかなかハードですね(^_^;)

最後は脚にきてしまいました・・・トホホ

 

さて、今回のテーマは「今」ということです。

練習を見ていると「こいつは・・・強くなりたいんだな」と感じさせる選手がいます。

そこには選手の「今」の捉え方の違いがあるように感じます。

 

その違いとは。

 

『目の前のバドミントンが楽しい』と『目指す姿につながる今が楽しい』という違いです。

 

両方とも今、バドミントンが楽しいという点では一緒なのですが、「未来につながっている」という意識があるかどうかが異なる点です。

「未来につながっている」という意識を持つと、苦手なことに目を向け、取り組むことができるようになってきます。

これは苦手なことを克服した先に新しい自分の姿が見えているということですね。

 

苦手なことに取り組むというのはとてもキツイことです。

「強くなりたい!」と思っている選手はキツイことに対しても「未来の自分にむかって今がんばる」ことができるのではないでしょうか。

この状態は、私が勝手に「楽しさのレベル3」と呼んでいる状態です。

これについてはまた機会がありましたらご紹介したいと思います。

 

とはいえやはり、目標や夢って大事!

そして指導者が選手の目標や夢を共有しているということも大切ですね。

むのたけじさんの言葉を紹介して終わりにしたいと思います。

『目標のない人間は、机に座っても学ぶことはできない。

目標のない人間は、首をかしげても考えることはできない。

〈どうするか〉を考えない者に、〈どうなるか〉は見えない。』

 

ではではまた来週。

 

未来の姿が思い浮かべて!

未来の姿が思い浮かべて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

齋藤 聡史バドミントンで社会共育

投稿者プロフィール

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):178cm / 70kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→総合型地域スポーツクラブ

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを始めました。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習に興味を持ち、現在は総合型クラブにて社会体育活動の場と機会の提供に携わっています。

「地域の家づくり」を目標に青少年のバドミントン指導に注力しています。
バドミントンの競技力向上を通じて選手とともに勉強の日々!
信州の南側で活動しています♪

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る