Groin Pain④

皆さん、こんにちは。

今回はいくつかテーピングをレクチャーしたいと思います。

まずは内転筋損傷に対するテーピングです。

Groinの中でも多いのが内転筋損傷と言われています。

恥骨周辺から貼る場合もありますが今回は下から貼っていきたいと思います。

次は大腿直筋です。

Groinに限らず、肉離れ等でも活用できると思います。

動画では一本しか巻きませんが隣にもう一本貼っても良いです。

最後は梨状筋のテーピングです。

この筋肉は座骨神経の通り道になります。

梨状筋症候群など座骨神経痛を伴う損傷もあったりします。

 

いずれもデリケートな部分に貼るため、皮膚の表面は清潔にし、かゆみなどがある場合は除去してください。

股関節に関しては症状が様々なのでまたの機会にアップしていこうと思います。

ではでは。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西澤孝仁 (N-fit整骨院)

投稿者プロフィール

 生年月日:1987年11月26日
 資格:柔道整復師
 活動内容:長野県の北信地域にて、整骨院開業。
長野県高体連バドミントン大会トレーナー
AC長野パルセイロBCトレーナー
その他種目トレーナー活動中
 バド歴:中学、高校バドミントン部に所属。
       インハイ出場経験有り。

この著者の最新の記事

関連記事



空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る