「目標」が人を強くする

ゴールデンウィークはいかがでしたか?

私はバドミントン強化週間ということでバドミントン漬けの生活で妻に呆れられて!?います(笑)

そんな中、夜たまたま見ていたテレビで体操の田中理恵さんが言っていた言葉が印象的だったのでご紹介します。

『「夢」が「目標」になった瞬間、人は強くなる。』

 

この言葉を聞いて最近伸び盛りの中学生Y君が頭に浮かびました。

Y君は中学生からバドミントンを始めたのですが、反抗期!?などもあってか最初の頃は友達との遊びを優先して練習を休んだり、寝坊したりといった姿が見受けられました。

Y君の同級生の中には小学生からバドミントンをやっており、全国大会に出場したりしていた子が2人いたんですね。

当然最初の頃は歯が立たず、簡単にやられており本人もそれが当然といった様子でした。

 

しかしY君はもともと負けず嫌いで運動神経が良く、スポーツ万能タイプ!

2年生の夏頃になるとジュニア組の2人とも徐々にラリーができるようになってきました。

そんな中、なんとジュニア組の2人が秋の県大会に優勝し、県の選抜メンバーに選ばれたのです!!

 

Y君に火が付きました。

練習の時、突然私に声をかけてきました。

「コーチ・・・俺、長野県で1位になりたいんです。」

ここからのY君は別人となりました。

練習を休まなくなったのはもちろんのこと。

練習後は自主練習、休みの日はランニング、学校での勉強や宿題もがんばっているようです。

聞くと、Y君はずっと「バドミントンが上手くなりたい。」と思っていたようでした。

しかし、なかなか思いと行動が結びつかず本人もイライラしていたようです。

そんなY君ですが「長野県で1位になりたい!」という具体的な目標ができてからはブレることがなくなりました。

まさに「上手くなりたい」という夢「長野県で1位」という目標になったことで「強く」なったのでしょう。

最近ではジュニア組の2人とも対等の勝負をするようになり、ジュニア組2人にも火が付き良い影響が出ています。

 

『「夢」が「目標」になった瞬間、人は強くなる。』

そんなわけで最後に、今の私の「目標」を書いておくことにしました。

私の目標!

夏の中体連、団体戦、ジュニア組2人のダブルス、Y君のシングルスの3種目を優勝に導くことです。

これからが熱い季節の始まりですね!

ではでは今回はこのへんで。

Lin Dan [One of The Four Kings In The History Of Badminton]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

齋藤 聡史バドミントンで社会共育

投稿者プロフィール

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):178cm / 70kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→総合型地域スポーツクラブ

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを始めました。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習に興味を持ち、現在は総合型クラブにて社会体育活動の場と機会の提供に携わっています。

「地域の家づくり」を目標に青少年のバドミントン指導に注力しています。
バドミントンの競技力向上を通じて選手とともに勉強の日々!
信州の南側で活動しています♪

この著者の最新の記事

関連記事



空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る