どのように望ましい姿勢を作っていくか。

いつもバド×チェックをお読み頂いてありがとうございます。近藤です。

数回に渡り「猫背」を中心に書かせて頂きました。

とても大切な事なので、「姿勢」についてもう少し掘り下げようと思います。

 

—————————————————————————————————-

そもそも「姿勢」はどうやって形成されていくのか?

—————————————————————————————————

 

「姿勢」というのは、私たちが地球という重力環境で身体活動を営む基本となります。ヒトはこの重力下で適応するための「姿勢」を、生後約1年の間に形成していきます。

 

その過程とは、

・仰向け

・横向き・寝返り

・うつ伏せ

・四つ這い

・高這い

・お座り

・膝立ち

・立位

EPSON MFP image

 

赤ちゃんが生後1年間かけて行う「体勢」や「動き」すべてが、重力下に適応するために必要な、いわばトレーニングとなります。

 

すべてをご紹介できませんが、例えば、新生児は仰向けで「泣く」ことにより、横隔膜や腹横筋、多裂筋といったインナーユニット(腹部のインナーマッスル)をトレーニングしています。

 

EPSON104_2

 

 

そして、このインナーユニットの活動は、各関節を適切に機能させるために必要不可欠と言われており、「身体運動」に対して、適切なタイミングで活動することがパフォーマンスにおいて重要であることがわかっています。

 

余談ですが、「声を出す」ということが、チームでも重要視されると思いますが、大きな声を出すことでインナーユニットは活発に働きます。弱気になり、声もでなくなると、もしくは、きつい場面で声が出ないと、一気に押し込まれてしまうのは、インナーユニットの特性からも説明できるかもしれません。

 

また、四つ這いでは、手をつき身体を支えることにより、肩甲骨の安定性を養っています。背骨のS字カーブが形成されるのもこの頃と言われています。

 

—————————————————————————————————

つまり、「姿勢」は、様々な体勢下で、重力に対して最適な動きを繰り返すことにより、形成されていきます。

—————————————————————————————————

 

ですので、前々回の「猫背改善トレーニング」を改めて見て頂くと、仰向け→うつ伏せ→四つ這いといったように、赤ちゃんの「発育・発達」に合わせているのがお分かりになると思います。

「猫背改善トレーニング」

 

日常動作では、そこまで多くの動きやスピードや強さが必要ではありませんが、スポーツの場面では、多くの動き、スピード、強度の組み合わせの中で、最適な「姿勢」が必要になってきます。

 

それは、バドミントンのラリー中に「こういう姿勢を取ろう」とは考えることは不可能ですので、まさに「自動化」「勝手にできている」という状態にする必要があります。

 

ラリー中に猫背になってしまう選手は、明らかに「重力下」に適応できていない状態です。それが、どの体勢なのか、どんな動きなのか、どれくらいの運動強度なのか、を見極める必要があります。

 

「良い姿勢にしなくちゃ」と考えている赤ちゃんはいません。

 

すべて遺伝子に組み込まれている動きを自然に行い、重力下に適応した「姿勢」を形成していきます。

 

では、赤ちゃんの時期が終わった、ジュニア選手や大人はどうしたらいいのでしょう。

 

その答えは、赤ちゃんの「発育・発達」にあります。

 

赤ちゃんが徐々に獲得していく様々な「体勢」で運動すること。

 

ジュニア選手なら「遊び」の中から、多種多様な動きの中から自然に、重心のコントロールを学ぶことが必要です。

 

そして、そのうえで、そのスポーツの運動強度で身体をコントロールできる筋力が必要です。

日替わりバド定食「ゴールデンエイジ」担当の丸山さんの記事にも詳しく書いてあります。

http://badnet.jp/archives/2147/

 

それでも改善しない場合は、原因を特定し、その原因にあった運動の処方が必要になると思います。

 

前回、ストレッチポールをご紹介しましたが、今回の内容も含めてもう少し説明させて頂きたいと思います。

EPSON MFP image

ストレッチポール上に背骨を置くことにより、四肢を重力から解放した状態を作ることができます。いわゆるまだ重力を知らない「生まれたての赤ちゃん状態」を作ることができ、重力下で身体を支え続ける筋肉たちを緩めることができます。

 

ストレッチポールで「ベーシック7」を行った後、床に寝てみると、身体が床に沈み込むような感覚があると思います。それが、「重力からの解放」です。

 

*「ベーシック7」については前回記事をご参照ください。

 

一度、赤ちゃんの状態に戻ってから、姿勢作りの運動をすると効果が高いのを多く経験しております。

 

少し難しい内容になってしまいましたが、強くお伝えしたい内容でしたので、長々と書かせて頂きました。

 

今回も最後までお読み頂いてありがとうございます。

 

次回は、もう少し直接バドミントンに関係がある「スローインプログラム」を紹介しようと思っています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近藤 洋パーソナルトレーナー東京都練馬区『痛みと姿勢改善専門パーソナルトレーニングスタジオ コア・リファイン』オーナー

投稿者プロフィール

1978年11月1日生まれ
パーソナルトレーナー
東京都練馬区『痛みと姿勢改善専門パーソナルトレーニングスタジオ コア・リファイン』オーナー
二児の父親

《取得資格》
日本体育協会公認 フィットネストレーナー
バドミントン4級指導員
日本コアコンディショニング協会 アドバンストトレーナー・アスリートスペシャリスト
PHIピラティスマットⅠ&Ⅱトレーニングインストラクター
加圧トレーニングインストラクター
ランナーズフィジカルトレーナー
ランニングプロコーチ
NESAハートレートパフォーマンススペシャリスト
ランニングアセスメントスペシャリスト

《バドミントン経歴》
文京区立文林中学校
団体 関東大会ベスト8
個人 シングル東京都ベスト8

都立小石川高校
都大会に出場するも結果残せず…。

立教大学
関東大学リーグ4部→3部昇格
関東学生選手権B ダブルス優勝 シングルベスト8

高校卒業後から現在まで中学生・高校生を中心にバドミントンを指導
パーソナルトレーナーとして、一般の方〜アスリートまで運動指導する傍ら
バドミントン指導に情熱を注いでいます。

バド×チェックでは、
バドミントンを身体の使い方やトレーニングの観点から紐解いて、
皆様のレベルアップやご指導のお役に立てたらと思っています。
皆さんと同じようにバドミントン大好き人間です。
最近の悩みは息子がバドミントンではなくサッカーを始めたことです。
よろしくお願いいたします。

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る