第14回:バドミントン? or バトミントン?(授業教材1)

 

こんにちは、西島です。

大学の授業でバドミントンを教えることが多いため、授業で扱っている内容をいくつか、「授業教材」シリーズとして紹介させていただきます。シリーズ1回目は、バドミントンBadmintonの名前の由来についてです。

第1回目の授業(オリエンテーション)で、出席管理用のカードに学生証番号や氏名などを書かせるのですが、種目欄に「バミントン」と書く学生が、残念ながら必ず数人は出てきます。「バレーボールをレーボール」、「バスケットボールをスケットボール」と書く学生は、絶対にいません。「バミントンではなく、バミントンだからね!」と言っても、「そんな細かいこと気にしなくたって・・・」と思っている学生は、間違いなくいることでしょう。

そこで第2回目の授業で、なぜバミントンではなくバミントンなのか、その名前の由来を説明することにしています。Badnetをご覧のみなさんはもちろん、バドミントンの名前の由来はご存知ですよね!?(笑)

イギリスのグロースターシャーに、バドミントンBadmintonという地名があります(下の地図の矢印)。

20150427

17世紀ごろ、この地にボーフォート公爵が宮殿(バドミントン・ハウス)を建てました。このバドミントン・ハウスを中心に、バトルドアー・アンド・シャトルコックと呼ばれた羽根突き遊びが盛んに行われたのですが、この羽根突き遊びのことをバドミントンと呼ぶようになったのだそうです。

バドミントンという遊びの起源はインドのプーナー地方といった説もありますが、バドミントンという名の起源は間違いなく、イギリスの地名になります。

そして、なぜバドミントンという地名が生まれたのかを知るためにさらに時代を遡りましょう。10世紀ごろ、この地にビーヅマンドBeadmundという一族が新しい村を作ったのだそうです。このビーヅマンドBeadmundという単語からBadmintonという地名が生まれるのですが、イギリスではサウサンプトン、レキシントン、ウェリントンなど、最後にトン-tonのつく地名が多いですよね。この-tonは、日本でいうところの小田原や関ヶ原の「原」と同じです。つまり、バドミントンBadmintonは、「ビーヅマンドBeadmundが拓いた平原」という意味なのです。

こういうトリビア的な豆知識が好きな学生もいるので、面白そうに聞いている学生も結構います。が、やはり上の空で聞いている学生もいるので、そんな時は最終手段。

「最後のレポートで、バトミントンと書いたら単位は出さないからね!」

(もちろん、実際にそんなことはしないのですが)

 

バドミントン・ハウスは、今でも建っています。私の大先輩の中谷敏昭先生(天理大学)がこのバドミントン・ハウスを見に行かれていて、その時の写真をホームページで公開されています。興味のある方は是非ご覧ください。(ラケットのコレクションなども、一見の価値大です)。

「バドミントン・ハウスは行ってみたいけど、その時間もお金も・・・」という方は、Google Mapで、「Badminton house, United Kingdom」で検索してみましょう。残念ながらストリート・ビューでは見られませんが、周囲の緑豊かな土地を見ながら「ここでバドミントンが生まれたんだ」と思いをはせるのも、良いものだと思いますよ。是非。

参考:阿部一佳・智子、「わたしのバドミントン・ブック」、てらぺいあ

西島 壮(首都大学東京)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西島壮(にしじま たけし)

西島壮(にしじま たけし)バドミトンの新たな魅力について研究しています

投稿者プロフィール

生年月日:1978年7月23日
身長/体重:175 cm/63 kg
血液型:B型
出身地:長野県

略歴:
1997 長野県松本深志高校 卒業
2001 筑波大学 体育専門学群 卒業
2006 筑波大学大学院 人間健康科学研究科 体育科学専攻 修了
    博士(体育科学)取得
2006 筑波大学大学院 研究員(COE)
2007 財団法人国際科学振興財団 専任研究員
2007 カハール研究所(スペイン) 外国人若手研究員
2009 首都大学東京 助教

競技歴:
1999 全日本学生バドミントン選手権大会 ダブルス(2回戦)
2012 全日本教職員バドミントン選手権大会 30代ダブルス準優勝

専門分野:
運動生理学、運動神経科学

研究室ホームページ:
www.comp.tmu.ac.jp/behav-neurosci/

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る