シンガポールオープン3日目 女子全勝!!

4月9日 シンガポールオープンSS3日目 日本チーム女子が全勝の好結果でベスト8を決めた

 

最初に登場した山口茜が韓国Bae Yeon Ju を21-18,21-17で破ると

 

次に登場した高橋礼華・松友美佐紀組が同じく韓国のYoo Jung Chae/Kim So Yeong21-17 21-16

11447__620x_20140615_1240_japanopen2014_cn2q6953
 

前田美順/垣岩令佳組はタイのPuttita Supajirakul/Sapsiree Taerattanachai組を16-21 21-6 21-17で破った

11789__320x240_20150409_2040_singaporeopen2015_yves4269

1901511_691096470954834_272675195_n
 
 

女子選手最後になって登場したのは奥原希望選手 夜の8時を過ぎた時間になっていたのだが

一度も勝ったことのない今大会第3シードの韓国選手Sung Ji Hyunを23-21,21-9で破ってしまった

本人にとっても苦手意識のある選手に勝てたことが自信になったようで いつもは取れない球にも手が伸びたことで相手選手のスタミナを奪えたのではないかと 勝利に喜びつつ分析をしていた

 

やはり最年少の山口選手が勝つと 負けてはいられないという意識が芽生えるのだろうか?良い結果に結びつくことが多いような気がします

そう言った意味でも山口選手は 日本チームの良いムードメーカーになっているのかもしれませんね、、、

 

 

もちろん男子選手も頑張ってくれました

桃田賢斗選手は台湾のChou Tien Chen21-17 21-15で、

早川賢一/遠藤由大選手は韓国のGi Jung Kim/Kim Sa Rang21-15 22-20でそれぞれ破りました

 

ところで 今日は韓国選手との対戦が多く4勝1敗でした

LeeYongDae/YooYeonSeong組に対した平田典靖・橋本博且組にとっては本当に辛い一敗だったと思いますが

ただ 手応えもあったのではないかと思えるので 次回にはさらに期待できると思います

 

ガンバレ日本!!

 

 

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小暮 直隆BWF情報

投稿者プロフィール

1956年12月21日生 170cm 72キロ B型 
群馬県太田高校→北海道大学→塾講師→暇人 

40歳を過ぎて始めたバドにはまりシニア大会などに参加していたが、体力低下とともに情報通の道へ方向修正中!
バドに関するデーターを収集することで上達を早められるのではないかと模索!

全日本シニア(MS.MD )出場
関東シニア(MD)3位
バドミントン大好きなバド変態(笑)

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る