第三回、神々の國 出雲 オープン車椅子バドミントン大会

桜、満開ですね。

いつのまにかすっかり春です。

時間の流れるのははやいですわ。!

今回の鬼越エクササイズは、ちょっと、動画お休みして、

車椅子バドミントンの大会ご案内です。

4月18日(土)

島根県松江市のはつらつ体育会で

第三回、神々の國 出雲 オープン車椅子バドミントン大会が開催されます。

健常者プレーヤーも車椅子を操って試合に臨みます。

詳細案内は、下記URLで発信しております。

是非、一度、のぞいてみてください。

「第三回、神々の國 出雲 オープン車椅子バドミントン大会」

で、本日は車椅子バドミントンでのサーブとコートエリアについて説明します。

車椅子バドミントンのサーブ

(通常の競技規則)

サーバーのラケットで打たれる瞬間に、シャトル全体がサーバーのウエストより下になければならない。ここでいうウエス

トとは、肋骨の一番下の部位の高さで、胴体の周りの仮想の線とする。

神々の國出雲オープンバドミントン大会では、下記のルールで実行します。

サーバーのラケットで打たれる瞬間にシャトル全体がサーバーの脇の下より下になければならない。

サーブ、打つには違和感ないですね。

が、その場に車椅子を留まるのが慣れないと大変です。

なす術なく、動いてしまいます(泣)

シングルスコートは、コート全体の半面でショートサービスラインとネットの間の

エリアはアウトです。

前後の動きがとても大変。特に前方でシャトル取ってからの車椅子を停めて、

HPへ戻る動作は、私にはとてもできません。

ダブルスコートは、コート全体でショートサービスラインとネットの間の

エリアはアウトです。

トップ&バックのポジション取りはほとんどなく、サイドbyサイドのポジションで

前後の動きに特化してシャトルを追います。

ここでも、前方、後方でシャトル取ってからの車椅子を停めて、

HP戻る動きが頻繁に行われます。

車椅子を自由自在に操る車椅子バドミントン選手の美技を是非、

島根県松江市で観戦してください。4月18日です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る