跳べないけど跳ばないと跳べない。

「二重跳びをできるようにするためには、何回もひっかかりながらコツをつかむしかありません。跳べないけど跳ばないと跳べないということだと思います。」

これは、「なぜ縄跳びをやるかを考えてみよう」という問いに対してのK君の答えでした。

指導の現場に立っていると「できない」「無理」「どうせダメ」といったような声が聞こえてくることは少なくありません。

縄跳びの二重跳びも多くの中学生が最初は上手にできません。

その中で徐々に跳べるようになってくる選手は、「跳べないけど跳ぶ」という行動を取っているように見受けられます。

それはそうですよね。

「跳べないから跳ばない」のであれば跳べるようにはならないということは火を見るよりも明らかです。

 

K君は決して器用なタイプではありません。

きっと何回も引っかかりながらコツを探してきたのでしょう。

「何回もひっかかる」この経験が非常に重要で、何回もひっかかったということは「跳べないけど跳ぶ」という行動を「何回もおこなった」ということです。

 

そして引っかかるという経験の捉え方が分かれ道。

かのトーマス・エジソンは「失敗なんかしちゃいない。うまくいかない方法を七百通り見つけただけだ。」と言ったことは有名なお話ですよね。

K君もまさに失敗ではなく、うまくいかない方法を見つけ、その都度工夫をしてまた挑戦していったのでしょう。

K君は現在では二重跳びの連続記録が100回を超え、3年になったら300回跳べるようにすると意気込んでいます。

苦手なことや新たな課題などなど壁にぶち当たった時には「跳べないけど跳ばないと跳べない。」を思い出し行動に移してみてはいかがでしょうか。

 

なんだか言葉遊びみたいになってしまいましたね。

ではでは今回はこのへんで。

nawatobi_0316

縄跳びは省スペースで手軽にできるのでトレーニングにおすすめですよ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

齋藤 聡史バドミントンで社会共育

投稿者プロフィール

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):178cm / 70kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→総合型地域スポーツクラブ

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを始めました。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習に興味を持ち、現在は総合型クラブにて社会体育活動の場と機会の提供に携わっています。

「地域の家づくり」を目標に青少年のバドミントン指導に注力しています。
バドミントンの競技力向上を通じて選手とともに勉強の日々!
信州の南側で活動しています♪

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る