マグレは成功のもと!?

今回の事例

中学生女子Mさん

中学1年生(当時) バドミントンはスポーツ少年団で始めたようです。

今回はオーバーヘッドストローク時にシザースジャンプ(いわゆる足の入れ替え)ができなかった女の子、Mさんのお話です。

 

私との出会いは彼女が中学1年生。 私が指導にあたっているチームにMさんが入ってきたことからでした。

初めてMさんのプレーを見た時、シザースジャンプが使えないことはパッと見ればさすがの私でも気付きました(笑)

フットワークも苦手で、後ろから打つ時は右足後ろ、左足前の状態で打ち、その後バタバタと次の球に向かって走っていくという感じ。

saitou_3.2.1

こんな感じで構えて・・・

saitou_3.2.2

足を入れ替えずに打ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで基礎打ちのときなどにシザースジャンプについて伝えてみたのですがなかなかできるようにならなかったんです。

そんなMさんがノックでスマッシュ&ネットの練習をしていた時の事。

ラウンド側に来た球をスマッシュ! ところがシザースジャンプが使えないのでバランスを崩してしまいました。

結果!

左後方に足を出してバランスを取ったのです!!

saitou_3.2.3

バランス崩したらこうなった!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビックリです(笑) 「Mさん!今のいいよ!」と思わず私は声をかけました。

その時のMさんの表情が「え!?私ミスっただけなんだけど・・・」でした。

その後Mさんは無事!?シザースジャンプをマスターし、苦手だったシングルスができるようになり急成長を遂げることとなります。

バドミントンでは往々にして偶然の産物(つまりマグレ)があるものです。

マグレは偶然の産物ですが、マグレ=失敗と捉えることも少なくないようです。

このマグレをどう捉えるかが非常に重要です。 選手は自身の経験から成功失敗の判断をしているようです。

いつも通り打てなかったから失敗・・・(もちろんこのような場合もあると思いますが) と思いがち。

がしかし、

いつも通り打てなかったのが実は成功だった!

なんてこともあるわけでこのマグレをどう捉えるか。

いつも通り打てなかった、失敗した!と思ったときは新しいナニカを発見するチャンスかもしれません。

失敗やマグレを活かしてみてください♪

 

ではでは今回はこの辺で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

齋藤 聡史バドミントンで社会共育

投稿者プロフィール

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):178cm / 70kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→総合型地域スポーツクラブ

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを始めました。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習に興味を持ち、現在は総合型クラブにて社会体育活動の場と機会の提供に携わっています。

「地域の家づくり」を目標に青少年のバドミントン指導に注力しています。
バドミントンの競技力向上を通じて選手とともに勉強の日々!
信州の南側で活動しています♪

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る