バド×チェック始めました!

みなさん初めまして! 2月より「バド×チェック」を担当することになりました。近藤洋と申します。

この「バド×チェック」では、色々なフィジカルテストやメディカルチェックを紹介して、そのテストに応じてどんなことが身体に起きているのかを考察していきたいと思います。

私は普段はトレーナーとして、一般の方から選手まで幅広くストレッチやトレーニング指導をしております。また、現在(2015年2月)高校サッカー部を1校、高校バドミントン部を2校、中学バドミントン部を1校、といったチームのサポートもしております。

大会で成績を残したいという方も、楽しく続けて行きたいという方も、チームを指導されている指導者の方も、「怪我を予防する」「フィジカル能力を高めたい」という要望はみなさんお持ちだと思います。

そのために、「ストレッチをする」「トレーニングをする」というのはみなさんご理解頂けると思うのですが、「何を?」「何のために?」「どれくらい?」ところがあいまいになりがちです。

チームを指導される指導者の方は、特に「去年のチームはよかったけど、今年は上手くいかないな〜」なんてことはよくあると思います。 そこに明確な基準があれば、原因の究明もしやすいし、再現性が高まるのではないでしょうか?

例えば、持久力を確かめるための「yo-yoテスト」を定期的に測定しておき、それを競技成績ごとに比べてみる。するとチームなりの一定水準が見えてきます。

または、肩のチェックで「指椎間距離」を定期的に測っておく、すると練習内容によっては、練習量によって、この「指椎間距離」の値が悪くなってくる。そしたら、一定水準に回復するまで少し練習量を落とす、練習内容を変更する、ストレッチの時間を増やす。などできるわけです。

 

まとめると「パフォーマンスを数値化する」に集約されます。

 

数値だけではわからないことはたくさんありますが、可能な限り「数値化」していくことは「怪我の予防」「練習の効率化」にとっては重要であると思っています。

ですので、この「バド×チェック」では、「パフォーマンスを数値化する」ことをわかりやすく、行いやすいものを中心にお知らせしていきたいと思います。

 

今回は前置きが長くなってしまったので、次回から具体的な内容に入っていきたいと思います。次回は肩のメディカルチェックである「指椎間距離」をご紹介します。 IMG_0172

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近藤 洋パーソナルトレーナー東京都練馬区『痛みと姿勢改善専門パーソナルトレーニングスタジオ コア・リファイン』オーナー

投稿者プロフィール

1978年11月1日生まれ
パーソナルトレーナー
東京都練馬区『痛みと姿勢改善専門パーソナルトレーニングスタジオ コア・リファイン』オーナー
二児の父親

《取得資格》
日本体育協会公認 フィットネストレーナー
バドミントン4級指導員
日本コアコンディショニング協会 アドバンストトレーナー・アスリートスペシャリスト
PHIピラティスマットⅠ&Ⅱトレーニングインストラクター
加圧トレーニングインストラクター
ランナーズフィジカルトレーナー
ランニングプロコーチ
NESAハートレートパフォーマンススペシャリスト
ランニングアセスメントスペシャリスト

《バドミントン経歴》
文京区立文林中学校
団体 関東大会ベスト8
個人 シングル東京都ベスト8

都立小石川高校
都大会に出場するも結果残せず…。

立教大学
関東大学リーグ4部→3部昇格
関東学生選手権B ダブルス優勝 シングルベスト8

高校卒業後から現在まで中学生・高校生を中心にバドミントンを指導
パーソナルトレーナーとして、一般の方〜アスリートまで運動指導する傍ら
バドミントン指導に情熱を注いでいます。

バド×チェックでは、
バドミントンを身体の使い方やトレーニングの観点から紐解いて、
皆様のレベルアップやご指導のお役に立てたらと思っています。
皆さんと同じようにバドミントン大好き人間です。
最近の悩みは息子がバドミントンではなくサッカーを始めたことです。
よろしくお願いいたします。

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る