リーチョンウェイ のこと 2

リーチョンウェイは マレ-シアのペラ州 バガン・スライの出身です。

 

11歳のとき、父親の影響でバドミントンを始め、17歳の時にマレーシアナショナルチームメンバーに選ばれています

 

マレーシアは、三つの主要民族が共存し極めて複雑な多民族国家の一つであると言われています。

 

単純な人口比では、マレー系(約65%)、華人系(約24%)、インド系(約8%)の順ですが、民族ごとの経済格差も大きな問題になっています。

 

さらに 国の宗教としてはイスラム教なのですが、華人系は仏教、インド系はヒンドゥー教と 複雑さを増しています

 

DATO′ Lee Chong Wei といったふうに名前の前にDATOという冠がついていることにお気づきの方もあると思います

 

マレーシアは立憲君主制の王族国家で 州を統治する王族から頂いた称号であることを示しています

 

オリンピック3大会出場、2大会連続の銀メダル獲得などの活躍が評価されたようで、日本における国民栄誉賞のようなものも検討されているようです

 

上記のような多種多様な国家の中で、Lee Chong Weiは 国家のシンボル的な存在になっていることが想像できると思います

 

さて 1月25日付 BBC‐Asiaのインタビューにもあったように

Dexamethasoneデキサメタゾン競技会開催中において使用を禁止されている薬物であることはお伝えしたとおりです。

 

また、病的状態で習慣的に必要な選手はTUE(病的使用の例外)に登録し、監視下であれば使用を許されている薬物だそうです。

 

集中的で高密度なトレーニングが行われているトップレベルの戦いで、体の病的な回復を図るため,また登録さえしていればドーピング違反にならないことから TUEへの登録増え続けていることも大きな問題になっています。

 

 Lee Chong Weiおよびその関係者 

登録をしさえすれば大会期間中使用であっても違反にならない事を知らなかった?

多くの選手がこの薬物を使っているものの本来の抗炎症作用以外の肉体的効果はない

WADA(世界アンチドーピング委員会)内部でもドーピング薬物として指定することに疑問を感じている?

彼自身は 大会期間中には使用していなかった と言っている?

 

すみません、 ちょっと複雑で混乱してきましたm(__)m

 

あまり感情的になると多方面からお叱りを受けるようになるのも困ります。

 

あくまで現状をお伝えするという立場でいなければならないので今日はこの辺にして さらに調べてみたいと思います。(naogure)

 

参考 BWFホームページ Wikipedia 新聞各紙 ネットメディアMalaysiaYahoo   など

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小暮 直隆BWF情報

投稿者プロフィール

1956年12月21日生 170cm 72キロ B型 
群馬県太田高校→北海道大学→塾講師→暇人 

40歳を過ぎて始めたバドにはまりシニア大会などに参加していたが、体力低下とともに情報通の道へ方向修正中!
バドに関するデーターを収集することで上達を早められるのではないかと模索!

全日本シニア(MS.MD )出場
関東シニア(MD)3位
バドミントン大好きなバド変態(笑)

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る