鬼越(ランダムモードを用いての素振り練習)

鬼越(ランダムモードを用いての素振り練習)

鬼越のランダムモード(サユウ)を用いて、
素振り練習法を考えてみました。≪撮影協力:Team ONIGOE≫

サユウ(ランダムモード)設定は、点灯間隔0.9秒
F=20%
タッチ回数10回
繰り返し回数2回・インターバル5秒・警告時間=ナシ

指示ボード前の選手は通常の鬼越ランダムモード練習。
後ろの選手は、前の選手の動きとタッチLED、指示ボードの
表示をみて、サイドフットワークからのサイドストローク(素振り)

後ろで素振りする選手は移動範囲許す限り何名でも!

動画では、鬼越ランダムモード練習する選手と、
後ろで素振りする選手が、10回タッチで交代します。

指示ボードを三脚で2mの高さまで上げれば、もっと直感的な
素振り練習が可能!

この練習は、
柔道の打ち込み、野球の変化球を想定しての素振り、
剣道の素振り、レスリングのタックル練習、卓球の素振り練習に有効。


(動画時間52秒)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る