鬼越“足だし”練習

鬼越“足だし”練習

前回まで怪しい仮説にお付き合い頂き、感謝感謝です。

素早く動くためには、筋肉、骨、靭帯等々の可動部位を鍛えることは
必須です。

この鍛錬があって尚のことですが、
プラス、予期せぬ事態を想定しての練習が、素早く動く要因の一つに
なると考えます。

予期せぬ事態になった時、
人間は、予期せぬ事態から逃げるため、回避するために、
本能がもつ何かが動き出すと仮定します。

神経を構成する細胞にグリアというのがあります。
ニューロンの約50倍存在します。

最近、このグリア電位の存在が確認されました。
伝達回路が、もしかして存在するのでは、、、

神経伝達のニューロンの速さでは、説明のつかない事があります。

咄嗟の時は、このグリアでの伝達回路が動き出すのでわ!

以上が怪しい仮説のマトメです。

さて、本日の鬼越動画です。

バドミントンの練習に、“足だし”というのがあります。
<※たぶん、当然、地域での呼び名だと思います。>

初めて体験した時、お尻の筋肉が痛くなったのを覚えています。

今回の鬼越動画は、“足だし”練習で使って貰った時の動画です。
鬼越機能では、繰り返しは30回できますので、
20タッチ×30回=600回の“足だし”練習が出来ますね。
結構、しんどいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る