総合観戦記 12/2(予選)

こんばんは! 藤本ホセマリです。
昨日のバドカフェで載せた通り、本日から全日本総合が始まりました。

 

私も中央大学のコーチとしてベンチに入ります。
そこで私が代々木に行く限りこのバドカフェで総合の観戦記を書きたいと思います。

 

今回の注目ポイントはズバリ!!

中学生はどこまで健闘するのか??

 

そして一番の注目株 史上最年少出場(13歳)を果たした 奈良岡功大選手(浪岡中)が実業団選手相手にどう戦うか?
です。

実は本日の朝、今ホットな奈良岡功大選手の基礎打ちをお願いされてまして、朝から代々木で羽根を打ってきました。

予選1

朝の練習の様子

 

予選3

まぁ、ボウズ頭にピンクがかなり目立つこと。。。笑

 

奈良岡選手は「緊張してます!」と言ってたけど、
この歳(13歳)にして場数を踏んでいるので自分の調子の上げ方はちゃんと分かっているようでした。ここが一番の難しいところなんですけどね。スゴい!!
ただ、体育館の風、ライトには苦戦して空振りとかしてました。。。

 

予選2

コートから見えるライトはこんな感じです。

ここにシャトルが入ったらかなり見えないです。。。(>_<)

 

そして試合がスタート!

 

女子シングルスや男子ダブルスで中学生も登場しました。

予選4

奥側:高橋明日香選手(富岡第一中)
手前:金子、久保田組 (富岡第一中)

 

善戦するものの残念ながら健闘及ばず。。

 

そして、今回の最注目の奈良岡選手登場!
取材陣も多い!!

 

予選5

対戦相手はトナミ運輸の保木選手。
昨年のインターハイでは団体優勝、ダブルス優勝、シングルス準優勝
の選手です。

 

1ゲーム目は奈良岡選手がリードをするもののライトや風の感覚にまだなれない様子でイージーミスや空振りなどもあった。それでも11点を先に取り、14-10とリードしたが、追いつかれ17-17に。ここからミスが目立ち、18-20で先にゲームポイントを奪われ、19-20まで善戦したが19-21で奪われる。

 

予選7

2ゲーム目も1ゲーム目と同じ一進一退の攻防戦が続き、18-18オールへ。ここから奈良岡選手が先に抜け出し21-18としてファイナルゲームへ。

 

ファイナルゲームはお互いに消耗戦となり奈良岡選手もさすがに疲れている様子。それでも序盤にリードをし11-8で折り返す。しかし16-16から16-18とリードされるが、ここからが我慢し20-20オールへ。この局面でも果敢に攻め続けた奈良岡選手が22-20で勝利!
本当にこれはスゴい!!
歴史的勝利でした。

 

ここから勝利の瞬間が見れます。

 

 

しかし。。。

ここで相当な力を使い切ってしまい、次の予選2回戦目は実業団選手を相手に負けてしまいました。。。涙

 

でも歴史的快挙に多くのバドミントンファンに注目されたことは間違いない!

 

みなさん!今後も要チェックですよ!!

 

試合後はやはり記者会見。

予選6

今日のニュースで何度も放送されてました。

 

いやー本当に将来が楽しみです。

奈良岡選手お疲れ様でした。

 

以上観戦記でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤本ホセマリ元日本ユニシス所属 全日本チャンプ

投稿者プロフィール

■ 生年月日:1975 年 05 月 19 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):175cm / 69kg
■ 利き腕:右
■ 出身校(中学→大学):港中学校 → 越谷南高校 → 中央大学→ユニシス
→グローブライド(プリンス)→退社
<国内試合>
'00 全日本社会人大会 シングルス優勝
'01 全日本社会人大会 シングルス第3位
'03 全日本社会人大会 シングルス優勝
'03 全日本総合選手権大会 シングルス第3位
<国際試合>
'99 ニュージーランド・インターナショナル シングルス第3位
'02 スリランカサテライト シングルス第3位
'02 釜山アジア大会出場
<'05.03 引退>
<国内全日本シニア選手権>
’06 30 歳以上 シングルス優勝
’07 30 歳以上 シングルス優勝
’10 30 歳以上 シングルス優勝
’11 35 歳以上 ダブルス優勝
’12 35 歳以上 シングルス優勝
’13 35 歳以上 シングルス優勝 ダブルス優勝

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る