バドミントンは時として遊び心がないと、強くなれませんよ~(朴さん)

ということで、遊び心のあるフェイント練習シリーズです。

 

 

海外選手のエキシビションマッチを見ると、遊び心満載のプレーが多く見受けられます。

きっと、普段の練習から『遊び心』のある技術練習をしているのでしょう。

だからバドミントンは楽しい!という想いになるのかもしれません。

勝利至上主義ではなく、ナガーイ目でバドミントンを楽しみ、好きになることが、更なる日本バドミントン界の進化となるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



空白

空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る