フットワーク力(反応力・持久力・集中力)を科学する(笑)

フットワーク力(反応力・持久力・集中力)の説明

フットワーク力(反応力・持久力・集中力)を科学して!
鬼越を科学して!の、小さな声にお応えしようと、
今回から、上記を科学する!コメントをアップしていきます。

※どっかの論文で読んだ記憶が・・・・・、たぶんこんな理論だったような・・・・・を、(らしい・話)
※現在、どこかで研究中の話を、(究な話)
※全くの仮説・怪しい話を、(?な話)

と表記します。ちいさな参考にして頂ければ幸いです。

では、今日はフットワーク力の“集中力”について、、、です。

1)集中する。しっかり見る。

オニゴエ君0号はかれこれ15,000人以上の鬼越体験者数をみてきました。
いろんなフットワーク(いろんなジャンルのスポーツ)での鬼越をみてきました。
どのスポーツ選手にも若干名ですが、タッチボタン(LED)にうまくタッチできない選手がいます。
ジュニアから一般まで。   ジュニア選手が多いですけど・・・・

これは、LEDにタッチする前に、視線を切ってしまって、
タッチする最後の、自身の手・指をみていないことに起因します。
最後まで見る!と意識すれば、このタッチ出来ない!のミスは減少します。
集中して意識して、最後まで見る!

球技であれば、ボールを打つまで、当てるまで、その瞬間まで みる!
格闘技であれば、相手のちいさな変化を最後まで みる。

文章にすると簡単な事のようですが、意識付けは結構難しいかと!

鬼越を何度経験しても、このタッチミスを連発する選手は、
試合中も簡単なミスが目立ちます。
普段の練習時から、集中することはどの分野のスポーツ、格闘技でも必須ですね。

本日の鬼越動画は、試合の合間に65回以上鬼越練習(?)に頑張ってくれた、
未来のバド界エースの動画です。

本日もありがとうございました。

注文はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



空白

空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る