キッズとストレッチ―肩の巻―

こんにちは。丸山です!
さて、今回は肩・上肢のアライメント※1調整と子どもでも比較的正しい姿勢で行える肩のストレッチをご紹介します。
もちろん子ども以外の方が行ってもOKです!
※1…筋肉の走行や関節の位置・並びなどのこと。

■肩・上肢のアライメント調整
日常生活動作のクセやスポーツ活動で繰り返される特定の動作で少なからず崩れたアライメントを調整(自然な状態に戻す)します。
①肘関節が動かないように手で固定する
②肘から先だけを内側、外側にひねる
 ここが限界!と思う位置からさらに1㎝ひねるような気持ちで。
画像 003画像 004
④肩の丸みのあたりに手を添えておさえる。
⑤肘を伸ばして腕の付け根から内側、外側にひねる
 指先をドリルのように地面にねじ込ませるように。
 やはり、この動作もここが限界!と思う位置からさらに1㎝ひねるような気持ちで。
画像 005画像 006
どうでしょう?
肩や腕がすっと軽くなったように感じませんか?
人によっては、実施前後で腕の長さが変わる(伸びる)方もいるかも知れません。
実施前に、気を付けの姿勢で左右の手の長さをチェックしてから始めるといいですね!

■肩のストレッチ
どの動作も、体幹をまっすぐに保つようにして行ってみてください。
[youtube http://www.youtube.com/watch?v=yV9R8NYcOV8&w=420&h=315]
[youtube http://www.youtube.com/watch?v=fRbqWqUu0lA&w=420&h=315]
[youtube http://www.youtube.com/watch?v=wnC-QGpYqTU&w=420&h=315]
いろいろな方法がありますが、子どもでも簡単に正しい姿勢で行えるものをご紹介します。特に一斉に多数を指導する集団指導の場面で、安全かつ効果的にストレッチできるかと思いますので、お試しください。
少し音声が聞き取りにくかったことをお詫びします。

また、人によって気持ちよさを感じるポイントが違うので、「肘をもつ」「体幹はまっすぐ」の2点をキープした状態で、上下に動かす、少し斜めの動きを加える、あるポーズの最中で首を傾けるなど自分流にアレンジしてみてください!

では、また来週!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る