肩セルフテーピング

皆さんこんにちは。
今回は肩のテーピングのやり方をお送りしたいと思います。

貼り方はさまざまですが、今回は傷めやすい筋肉に貼るというテーピングをご紹介したいと思います。

まずは肩甲骨の位置の確認。
DSC_0090

こんな感じ。アナログは勘弁ってことで(笑)

続いて棘上筋と棘下筋の位置。
DSC_0093
赤いのが棘上筋。青いのが棘下筋。
両方とも肩甲骨から上腕骨の大結節という所についてます。

では用意するものはもちろんテーピング。
キネシオタイプ。簡単に言うと伸びるやつですね。
約20㎝・・・・・1カット
約25㎝・・・・・1カット
画像のように角を丸くカットすると皮膚へのダメージを軽減できます。
DSC_0088

あくまでセルフケアということで、自分で貼る方法をアップしてみました。

テーピングの強度を高めたければもう少し引っ張って貼るなどの工夫で対処できるかと思います。

しかし、自分で貼るにはなかなかうまくはいかないかもしれません^^;

私も人に貼るよりも自分で貼る方がはるかに難しく感じます(苦笑)

ん~慌てずなるべくシワの出来ないように貼ってみてください。(笑)

Let’s Challenge!!

西澤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西澤孝仁 (N-fit整骨院)

投稿者プロフィール

 生年月日:1987年11月26日
 資格:柔道整復師
 活動内容:長野県の北信地域にて、整骨院開業。
長野県高体連バドミントン大会トレーナー
AC長野パルセイロBCトレーナー
その他種目トレーナー活動中
 バド歴:中学、高校バドミントン部に所属。
       インハイ出場経験有り。

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る