フェイントについて

こんにちは。藤本ホセマリです。

先日、長野在住の某S氏が東京に来たので一緒に食事をしました。
彼はバドミントンの指導や練習方法などについてかなりマニアックな部分まで
疑問に持って解決しようとする熱い男なんです。笑。
そんな彼との会話の中でフェイントについて話した時の話をしたいと思います。
ちなみに正式にはフェイントではなくてディセプションといいます。w

S氏「相手のフェイントに引っかからないようにするにはどうすればいいですかね?」

ホセ「相手をよく見て相手がシャトルを打ってから動くように意識しないとダメだよ。だから打つ瞬間を見極めるため、目を鍛える事も大事!」

S氏「そうですね。相手のモーションで打つ前に先に動いちゃうから引っかかるんですね!」

ホセ「そうそう。相手の動きに惑わされて身体がビクッ!って力が入らないようにしないとね。でも初めてみるフェイントとかにはすぐに対応はできないと思うから、何度も引っかからないように早く対応できるようにすることが大事だね」

S氏「なるほど!」

ホセ「人間は予測できる事に対してはあまり驚かないから身体がビクッてなりにくいとおもうけど、予測できない事(フェイントや身体の動き、シャトルの速さなど)に対してはどうしても力が入りやすいからね。」

S氏「じゃー普段からたくさんフェイントを受けてれば良いんですかね?」

ホセ「そうだね。でもなかなか色んなフェイントできる人って少ないけど…」

S氏「長野にフェイント大王の某Y氏がいるんで!!」

ホセ「あっ、それは納得!!笑」

こんな感じで彼との話は尽きることは無かったです。
ぜひご参考に。笑。

ではでは、また来週!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤本ホセマリ元日本ユニシス所属 全日本チャンプ

投稿者プロフィール

■ 生年月日:1975 年 05 月 19 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):175cm / 69kg
■ 利き腕:右
■ 出身校(中学→大学):港中学校 → 越谷南高校 → 中央大学→ユニシス
→グローブライド(プリンス)→退社
<国内試合>
'00 全日本社会人大会 シングルス優勝
'01 全日本社会人大会 シングルス第3位
'03 全日本社会人大会 シングルス優勝
'03 全日本総合選手権大会 シングルス第3位
<国際試合>
'99 ニュージーランド・インターナショナル シングルス第3位
'02 スリランカサテライト シングルス第3位
'02 釜山アジア大会出場
<'05.03 引退>
<国内全日本シニア選手権>
’06 30 歳以上 シングルス優勝
’07 30 歳以上 シングルス優勝
’10 30 歳以上 シングルス優勝
’11 35 歳以上 ダブルス優勝
’12 35 歳以上 シングルス優勝
’13 35 歳以上 シングルス優勝 ダブルス優勝

この著者の最新の記事

関連記事



空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る