第6回日中バドミントンナショナル交流競技会(3/27東京)全8試合動画

田児賢一選手がシングルスで中国の強豪をつぎつぎと撃破し、決勝進出を果たした全英選手権。その興奮も冷めやらぬ2010年3月27日(土)、東京都の練馬区立光が丘体育館において第6回日中バドミントンナショナル交流競技会が行われました。交流競技会は男女シングルス各2、男子ダブルス2、女子ダブルス1、混合ダブルス1の計8試合で行われました。当初出場が予定されていた池田信太郎・潮田玲子ペア、そして田児賢一選手は残念ながら欠場。出場した各選手は健闘しましたが、結果は0勝8敗。中国の高い壁と厚い層をまざまざと見せつけられた結果となりました。

→参照サイト:大会レポート(日本バドミントン協会サイトより)  

1.男子シングルス

山田和司 0(8-21、6-21)2 チェン・ロン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



空白

空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る