前衛が急に下がってきたら、とりあえずど真ん中に入る

こんにちは。
バドミントンプロコーチの樋口です。

ダブルスの試合で、前衛がサービスプッシュした後や、ネット前に落とした直後、急に下がってきてスマッシュを打とうとしたりして、ぶつかりそうになった経験がありませんか?

また、逆サイドやネット前がガラ空きになって、ノータッチを決められてしまったりなど。

今回は、こんな現象にどう対処すればよいか考えてみます。
最後までお付き合いの程、宜しくお願い致します。

 

(ステージ1)
【背景と発生する影響】

後衛3点カバー1  後衛3点カバー2

上記のように、前衛が前方向に攻撃しているのに、急に下がって来る場合ですが、大体は、前衛のかたは「下がり癖」が付いてしまっているケースが多いと考えます。

要は、ダブルスの攻撃が、スマッシュ主体の後衛からの攻撃という思い込みに捉われていたり、前衛が苦手、前後衛のコンビネーションや役割分担がわかっていなかったりした場合、このような動きが発生すると考えます。

とすると、多くの場合、前衛のかたには、その場では修正してもらえない場合がほとんどです(ご本人も急には治せない)。

しかしながら、片方の半面の縦の中間や、やや後ろあたりに、二人が重なってしまうために、前衛がいたネット前や、逆サイドががら空きになってしまい、相手に狙われる大ピンチを招いてしまいがちです。

また、後衛にとっても、自分の実力が発揮できない分、モチベーションが下がってしまいがちです。

 

(ステージ2)
【対策】後衛がコートのど真ん中に入り、前衛が打っている以外の3カ所をカバーする

後衛3点カバー3

前衛が急に下がってきた場合には、後衛がコートど真ん中に入ることで、下がってきた前衛には、下がった先の1ヶ所(4隅に分けた際の)を担当させ、残りの3ヶ所は自分がカバーに入るように意識します(後衛の3点カバー)。

コートど真ん中ですと、3ヶ所どこにも等距離ですので、好都合です。

後は、相手レシーバーからの距離で3ヶ所の優先順位をつけます。

相手レシーバーからストレートのネット前が一番距離が近いため、そこが優先順位1番、クロスのネット前が優先順位2番、クロスの奥が3番になります。

優先順位に応じて、片足を1番の方向に向けた足の開きかたにして、いつでも向けた足で向かえるようにします。
(例えば、フォア前でしたら、右足フォア前向き+左足バック奥向きの開きかた)

パートナーは他人です。基本、他人と過去は変えられないと、心理学ベースの認知行動療法などでも申します。

ゲーム練習や試合などで初めての人と組んだときや、下がり癖を持っている人と組んだとき、ゲーム中にパートナーを変えようと考えると、自分がイライラしてしまったりして、ゲームが台無しになりかねません。

試合中は上記の方法で、カバーをおこない、試合後にゆっくりとフォーメーションについて、話し合うのがお互いにとって良さそうです。

お試しください。

今回も最後まで、お読みいただきありがとうございました。

次回は、「 」です。

※指導で、実際に有益な効果があがったことを確認の上で、報告しておりますが、技術の答えは、一つではないと考えております。他の指導法を否定する意図はございません。その点ご理解の上でお読み、お試しくださればありがたいです。

*********

バド技術コラム「バド♪Remaking」の内容を実際に講習会でおこなっています。
ご興味のあるかたは、下記のリンクをご参照ください!

「だれうま講習会」(だれでもうまくなるバドミントン講習会)
◉フェイスブック:https://m.facebook.com/groups/314503432652620
◉ウェブサイト:http://badlesson.blog.jp/
◉グループ、パーソナル講習のご依頼:http://badlesson.blog.jp/archives/33219652.html

*********

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樋口 孝雄バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)

投稿者プロフィール

バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)
1966年2月4日生
東京都国分寺市在住
実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ

競技歴:1982~2001年
指導歴:2002年~

私のバドミントン生活は高校から始まりました。運動系全般が苦手な私でしたが、何かスポーツをやりたくてバドミントン部を選びました。
当時、技術指導者はいませんでしたので、仲間よりワンテンポ遅れてしまう自分が、どうしたら理論的に技術が身につくかを、常に考えるようになっていました。この頃の背景がベースになり、今の私の技術指導スタイルが確立されたといえます。

元来、教えることが好きなこともあり、十数年前に小学生の指導を始めました。時間が許す限り、バドミントンのみならず、他競技のDVDや書籍etc.情報を集めては分析・検証し、よりシンプルでわかりやすいスキルアップ方法とは何か、知識と経験を積み上げてきました。現在は、技術指導者のいない中学生を中心に、学齢前から成人までのサポート活動をしております。

同じ指導でも、すぐ体現できる人もいれば、時間のかかる人もいます。指導する側にも、個性を生かした工夫が求められていると、身につくまでの道のりが遠かった私自身の体験から、感じています。

これまでの蓄積と、今後のさらなる追求を少しでも共有でき、特にお悩みを抱えている方々の微力ながら、お役に立つことができれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

競技歴詳細:

東京都立小平西高→法政大学バドミントン同好会72

主催指導活動:

「癖動作矯正指導法」研究及びレッスン
→(http://minton.blog.jp/archives/306166.html)
西国分寺バドレッスン for 中高生 代表者
→ (https://minton.jp/Group/detail/158)
バドミントンNPO団体 東村山フリューゲルス代表者

外部指導活動(東京都内):

実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ
堀越高等学校 男子バドミントン部
練馬区立中村中学校
東久留米市立中央中学校
他中高計8校、一般3団体

この著者の最新の記事

関連記事



空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る