基礎打ちだと問題ないのに、試合やパターン練習などで動かされるとミスやフォーム崩れを発生させてしまう。なぜ?

こんにちは。樋口です。

あまり動かないで打つ際は、そんなにミスしないのに、前後や左右に振られると、途端に打ちミスが発生しやすくということがありませんか?

これは、動き(フットワーク)が遅いことだけが原因なのでしょうか?
今回は動かされたときに発生しがちな打ちミスについて、テイクバックの視点から考察してみます。

最後までお付き合いのほど、宜しくお願い致します。

 

(ステージ1)
【原因】上打ち構成動作の実行順番が非効率的

上打ちをするためには、大きく3つのフェーズ(動作要素)があります。

①打つ(打球)
②動く(移動:フットワーク)
③構える(テイクバック)

この3要素は必須ですので、実行には一定の時間が必要になります。

動かないで打つ場合には、「②動く」時間が節約できています。

他方、前後左右に動かされると、この「②動く」にかかる時間が増えてしまうため、限られた持ち時間内での3要素の効率を見直さなくては、打球に間に合わなくなります。

家計や仕事の予算と同じで、減らされれば、やり繰りをする必要が出てくるのです。

 

(ステージ2)
【対策】「構える→動く→打つ」の順で動く

では、何をやり繰りするかですが、大きく2種類あります。

①各3動作の実行速度の迅速化
②3動作の実行順番の見直し

実は、上記②の実行順番を、「動く→構える→打つ」の順番で行っている場合には、その順番を「構える→動く→打つ」変えるだけで、大きな時間の節約効果が期待できます。

テイクバック1 テイクバック2

バドミントンは、シャトルを打つことが第1目的のスポーツですので、打つためには、構える(テイクバック)ことが必須になります。

どんなに速く動いて打球の下に入っても、構えていなければ、打つことはできません。

他方、構えてさえいれば、ちょっと遅れて、頭上を越えられたとしても、床上1cmくらいまでは、何とか打てる可能性があります。

ですので、低い球や前後左右に振られることなどで、打つための持ち時間を減らされても、構えてさえいれば、何とか打てるということになります。
よって、動作の優先順位は「構える→動く→打つ」になります。

 

(ステージ3)
【構えるタイミング】

構えるタイミングは、相手のインパクトした音が聞こえた直後になります。
リアクションステップをしている場合は、リアクションステップの直後になります。

それから、動いて、打てば、左右に振られて持ち時間が減らされても、構えてしまっている分、あとは振るだけと余裕を持って対応することができます。

時間的余裕を持って、対応することができれば、相手を見ることができたり、色んなコースに仕掛けることも可能になります。

要は安定して打球することがしやすくなることと、多様な攻撃やディフェンスが可能になり、トータルな戦力が向上することが期待できます。

(ステージ4)
【その他指導の観点から】

構え(テイクバック)を先に、なるだけ早く作らせる指導を基礎技術として、先行して教えるほうが、指導効果の観点では後々の伸び代が拡がります。

構えないで動き出したり、腕を回すように反動をつけて大きくテイクバックをとったほうが、人間としては馴染みやすく、無理のない動作や姿勢です。

しかしながら、それだけにこの方法を基礎段階で身につけてしまうと、ライバルや格上の相手との寸暇を競う試合になった際に、フォームや動作の実行順番の効率化を行うのが難しくなるケースを多く見かけます。

いわゆる「身についたフォームを変えられない」「染み付いた動作を治せない」という現象です。

ラリーに時間がある際は、動作の時間や順番の効率を下げることは、そう難しくありません。

お試しください。

今回も最後まで、お読みいただきありがとうございました。

次回は、「前衛が急に下がってきたら、とりあえずど真ん中に入る」です。

※指導で、実際に有益な効果があがったことを確認の上で、報告しておりますが、技術の答えは、一つではないと考えております。他の指導法を否定する意図はございません。その点ご理解の上でお読み、お試しくださればありがたいです。

*********

バド技術コラム「バド♪Remaking」の内容を実際に講習会でおこなっています。
ご興味のあるかたは、下記のリンクをご参照ください!

「だれうま講習会」(だれでもうまくなるバドミントン講習会)
フェイスブック:https://m.facebook.com/groups/314503432652620
ウェブサイト:http://badlesson.blog.jp/

*********

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樋口 孝雄バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)

投稿者プロフィール

バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)
1966年2月4日生
東京都国分寺市在住
実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ

競技歴:1982~2001年
指導歴:2002年~

私のバドミントン生活は高校から始まりました。運動系全般が苦手な私でしたが、何かスポーツをやりたくてバドミントン部を選びました。
当時、技術指導者はいませんでしたので、仲間よりワンテンポ遅れてしまう自分が、どうしたら理論的に技術が身につくかを、常に考えるようになっていました。この頃の背景がベースになり、今の私の技術指導スタイルが確立されたといえます。

元来、教えることが好きなこともあり、十数年前に小学生の指導を始めました。時間が許す限り、バドミントンのみならず、他競技のDVDや書籍etc.情報を集めては分析・検証し、よりシンプルでわかりやすいスキルアップ方法とは何か、知識と経験を積み上げてきました。現在は、技術指導者のいない中学生を中心に、学齢前から成人までのサポート活動をしております。

同じ指導でも、すぐ体現できる人もいれば、時間のかかる人もいます。指導する側にも、個性を生かした工夫が求められていると、身につくまでの道のりが遠かった私自身の体験から、感じています。

これまでの蓄積と、今後のさらなる追求を少しでも共有でき、特にお悩みを抱えている方々の微力ながら、お役に立つことができれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

競技歴詳細:

東京都立小平西高→法政大学バドミントン同好会72

主催指導活動:

「癖動作矯正指導法」研究及びレッスン
→(http://minton.blog.jp/archives/306166.html)
西国分寺バドレッスン for 中高生 代表者
→ (https://minton.jp/Group/detail/158)
バドミントンNPO団体 東村山フリューゲルス代表者

外部指導活動(東京都内):

実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ
堀越高等学校 男子バドミントン部
練馬区立中村中学校
東久留米市立中央中学校
他中高計8校、一般3団体

この著者の最新の記事

関連記事



空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る