肩関節は肩だけじゃない

メディカルバドの記事をお読み頂きありがとうございます‼️

たくさんのサイト・記事の中から私の記事を選んでくださり感謝申し上げます♪

本日もバドミントンに関わる方々に有益な情報を提供できたらと考えております!!

【肩】

本日からは、近位関節の

肩関節

股関節

について2週にわたりメンテナンス方法を投稿します。

 

本日は肩関節

皆様、肩関節のメンテナンスってどんなことをされていますか??

 

 

ストレッチ??

柔軟??

回したりしちゃう??

 

勿論それらの方法が間違っているとは思いませんが、

 

肩関節のメンテナンスは、

 

肩関節だけではだめです!!

 

 

さっそく、脱線しそうですが。

 

肩関節というのは、実は、かなりたくさんの関節で構成されています。

 

私たちが普段使う、肩関節とは、

・肩甲上腕関節

のことで、ほかにも、

肩鎖関節:肩甲骨の先端と鎖骨の先端で作る関節

・胸鎖関節:胸骨と鎖骨の間の関節

・肩甲胸郭関節:肩甲骨と胸郭(肋骨)で作る関節

 

があります!!

つまり、

 

広く肩関節とは、胸の骨までの範囲を示します。

 

なので、肩関節のメンテナンスとしては、

 

やはり、

 

上部体幹、つまり、肋骨の上すべての個所へのメンテナンスが必要になりますね!!

 

肩甲上腕関節(一般的肩関節)についてのメンテナンスは皆様がされていることで大きく間違っていないと思います。

 

そこに、他の部位のメンテナンスを加えていただくことが出来れば幸いです。

 

①肩甲胸郭関節

大きな意味の肩関節の運動には、

 

肩甲上腕リズム

 

という独自の運動形態があります。

 

簡単にいうと、

 

肩関節の動きと肩甲骨の動きで、

 

腕は動いている

 

というもの。

 

つまり、肩関節はもちろんですが、

 

肩甲骨もしっかりと動いていないといけない。

 

ということですね!!

 

なので、巷で噂の

 

肩甲骨はがし

 

が腕や体にいいと言われているのも、なんとなくイメージできます。

 

②肋骨と鎖骨

 

胸郭

 

という部位は非常に多くの骨で構成されています。

 

その中でも、肋骨は数も多いため、運動性も高く、

 

肩関節の運動に強く影響を与えます!!

 

肋骨が膨れていて、硬い人

 

見かけませんか??

 

 

その方はやはり、肩の動きが悪いです。

 

その方々にとっては大変ですが、

 

胸郭を柔らかくする必要があります。

 

生活習慣の中でやめないといけないこともありますよ!!

 

 

概要だけでしたが、

肩関節のメンテナンスは、下腿買いも大切なんだな。

 

という理解を得られるとうれしいです!!

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!!

 

皆様のプレーやパフォーマンス向上に役立つことが出来ましたら、

 

幸いです。

 

質問や意見などはいつでもご連絡下さい!!

 

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月生達也理学療法士兼バドミントントレーナー

投稿者プロフィール

始めまして、理学療法士をしながら、バドミントンのトレーナーをしております、月生です。

私は、高校の頃から現在までバドミントンを続けており、今年で10年目になります。

現在は、病院で理学療法士をしつつ、大学の部活動へトレーナーとして、選手のケア・オアフォーマンスアップのためのメニュー提案やストレッチ提案などを行っています!!

バドミントンの経験と理学療法士としての知識を用いて、皆様に健康で安全なのに、パフォーマンスが向上する情報を提供できればと考えております。どうぞよろしくお願いいたします!!

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白

広告

ページ上部へ戻る