世界ジュニアチャンピオンは16歳、奈良岡君のライバル!

10月9日から10月24日にかけてインドネシアで行われた世界ジュニアの団体戦と個人戦。

団体戦の日本は銅メダル、

個人戦では ふたば未来学園3年生ペア(金子真大/久保田友之祐)が男子ダブルス初の金メダル、

浪岡高校1年の(奈良岡功大)が、男子シングルスで銅メダル、

の好成績を収めた。

Baidu IME_2017-10-26_20-41-44

高校1年生ながら銅メダルという期待通りの成績を収め、さらに注目を集める奈良岡くんだが、

優勝した選手も同い年のタイ選手であった。

48020171012_1002_WorldJuniorsTeam2017_BPRA1151

男子シングルス優勝 KUNLAVUT  VITIDSARN(クンラブト ビティドゥサルン) 2001,5,11タイ生まれ

男子シングルス準優勝 JUN HAO LEONG(ジュン ハオ レオン)   1999,7,15マレーシア生まれ

男子シングルス3位 ZHENGZE GAO(ツェンズィ ガオ)1999,5,29中国生まれ

男子シングルス3位 奈良岡功大(浪岡高校)2001,6,30青森県生まれ

日本で言えば高校3年生と1年生が二人ずつという結果だ。

 

クンラブト選手と奈良岡選手は このあと2年にわたって世界ジュニアを争うことが可能だ。

この二人は個人戦での直接対決はなかったものの、団体戦で戦い

クンラブト 21-12 21-17 奈良岡功大 (団体戦)

クンラブト 25-23,21-15 大林拓真(個人戦準々決勝)

ジュンハオレオン 21-14,22-20 奈良岡功大(個人戦準決勝)

 

これらの選手たちが東京オリンピックの主力選手になっているのだろうか?

奈良岡選手を含め 順調に成長してくれることを願いたい。

 

参考) トーナメントソフトウェア:http://www.tournamentsoftware.com/tournamentlist.aspx?id=2

個人戦:http://www.tournamentsoftware.com/sport/tournament.aspx?id=1EB05F2B-40D6-456F-8DD8-D91F0EA12DE7

団体戦:http://www.tournamentsoftware.com/sport/tournament.aspx?id=34514964-624B-4613-88EF-3D719A10EDC4

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小暮 直隆BWF情報

投稿者プロフィール

1956年12月21日生 170cm 72キロ B型 
群馬県太田高校→北海道大学→塾講師→暇人 

40歳を過ぎて始めたバドにはまりシニア大会などに参加していたが、体力低下とともに情報通の道へ方向修正中!
バドに関するデーターを収集することで上達を早められるのではないかと模索!

全日本シニア(MS.MD )出場
関東シニア(MD)3位
バドミントン大好きなバド変態(笑)

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白

広告

ページ上部へ戻る