アジアのバドミントン人気、第2位(博報堂調べ)

2000年からアジアの主要都市を中心に中上位の収入層を対象として

生活者調査(2015)を実施している「博報堂」によれば

アジア15都市平均で見ると

男子のトップはサッカーが圧倒的(57.2%)で、バスケット(32.9%)、バドミントン(26.6%)

女子トップはバドミントン(32.0%)、水泳(25.8%)、サッカー(16.4%)

トータルするとバドミントン人気は第2位になるそうだ。

 

集計表(博報堂[Global HABIT レポート2016Vol2]より)

hakuhoudou2016asiacities

 

一方、日本で2015年7月10日から20日、調査員による個別面接聴取法で調査を行った「中央調査社」

によれば、日本国内の20歳以上の男女4000名の内、有効回収数1212名の回答の結果

Baidu IME_2017-9-22_16-9-23

20歳以上すべての年齢層の調査結果であることを考えると、やるスポーツよりも、見るスポーツの意味合いが強かったのかもしれませんが、バドミントンの名前があがって来ません。

 

やるスポーツ中心の部活動を調べてみると、

中学生

juniorhighschool

高校生

highschool

中学生より高校生の方が人気が上がっているのは面白い結果ですね。

 

*それにしても、「見るスポーツ」、「応援するスポーツ」として『バドミントン』人気を上げる方法はないものでしょうか???

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小暮 直隆BWF情報

投稿者プロフィール

1956年12月21日生 170cm 72キロ B型 
群馬県太田高校→北海道大学→塾講師→暇人 

40歳を過ぎて始めたバドにはまりシニア大会などに参加していたが、体力低下とともに情報通の道へ方向修正中!
バドに関するデーターを収集することで上達を早められるのではないかと模索!

全日本シニア(MS.MD )出場
関東シニア(MD)3位
バドミントン大好きなバド変態(笑)

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白

広告

ページ上部へ戻る