腰椎の運動

皆様おはようございます。
メディカルバド担当の月生(げっしょう)です!!

本日も記事を読んで頂きありがとうございます。

今回も明日から使える内容をお届けいたします!!

第二十回
「上半身を含んだ体の中心」

これまで、体の中心について記事を書いてきました。

股関節・仙骨・腰椎

どれもとても大切な部分です!!

では、バドミントンをするうえで必要な、

上肢

の中心はどこなのか??

肩関節

ではなく、

胸椎

になります!!

余りイメージできないと思います。

ので、よりイメージしやすいように

上肢が運動するためには、



が動く必要があります。

これは間違いありません!!

が、肩

が動くためには、肋骨・鎖骨が動く必要があります。

では、この肋骨などの運動中心はどこかと言われると、

胸椎の前上方あたり(運動が複雑なため、断定できない)にあると言われています!!

この肋骨の運動を促すためにも胸椎の動きは必要になります!!

では、その胸椎自身の運動中心はどこになるのでしょうか??

これは、土台となっている

腰椎

ということになる。

つまり、

腰椎

上半身と下半身

両方の運動中心となりうる

ということです!!

では、そんな腰椎を動かしていくエクササイズはこちら、

5プレゼンテーション1

図のようにおしり上げ運動をするのですが、ただのおしり上げではなく、

尾てい骨から上げるおしり上げ運動

です。

つまり、骨の一つ一つに意識を向けてほしいんです!!

DSC09004

また、片側的に運動をすることで、応用的な動作にも反映されやすいです!!

これは、図の方向に向かって、片側のおしりをもちあげます。

これも同じく、尾てい骨を意識し、

さらに、

お腹をへこませながら!!

これを意識することで、腹の力もつきやすくなります♪

明日から使える、パフォーマンスアップに繋がること!!

「上肢の運動は肋骨・胸椎からと意識する!!
まずは腰椎の運動性を出す!!」

本日もお読みいただき、誠にありがとうございます!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月生達也理学療法士兼バドミントントレーナー

投稿者プロフィール

始めまして、理学療法士をしながら、バドミントンのトレーナーをしております、月生です。

私は、高校の頃から現在までバドミントンを続けており、今年で10年目になります。

現在は、病院で理学療法士をしつつ、大学の部活動へトレーナーとして、選手のケア・オアフォーマンスアップのためのメニュー提案やストレッチ提案などを行っています!!

バドミントンの経験と理学療法士としての知識を用いて、皆様に健康で安全なのに、パフォーマンスが向上する情報を提供できればと考えております。どうぞよろしくお願いいたします!!

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る