USオープンGPG MD井上/金子、WS大堀 優勝!

7月23日にアメリカ・アナハイムで行われたUSオープンで

男子ダブルスの井上拓斗/金子祐樹グランプリゴールド大会初優勝を遂げた。

 

Rioオリンピックまでリードしてきた早川・遠藤が引退し

あとを追っていた園田啓悟/嘉村剛士ペアがスーパーシリーズ優勝などで

世界ランキング4位となり国内のリーダーに名乗り出る中

存在感をアピールする格好になった。

実際、7月9日に行なわれた全日本実業団(秋田県・秋田市)でも

決勝で園田/嘉村ペアーを井上/金子が破ってユニシス優勝に貢献していた。

Baidu IME_2017-7-26_16-53-51

7月20日付け世界ランクでは

園田啓悟/嘉村剛士(トナミ運輸) WR4位

保木卓朗/小林優吾(トナミ運輸) WR20位

井上拓斗/金子祐樹(日本ユニシス) WR24位

遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス) WR28位

であったが井上/金子が順位を上げてくるだろう。

早川引退後に遠藤と組んだ渡辺とのペアが国内ランキングでは2位であることを考えると

男子ダブルスのリーダー争いは熾烈を極めている。

 

一方、女子シングルスは 大堀彩が4月の中国マスターズ以来となるGPG2勝目を決めた。

ただ、前週のカナダOPでは1年後輩の川上紗恵奈(北都銀行)が優勝しており穏やかではなかったはずだ。

更に、トナミ運輸女子部で2年後輩の仁平菜月も力をつけており

いつでも優勝できる安定した力を発揮したいところだった。

yjimage

女子シングルスの混戦はさらに過激さを増しており

WR2位 山口茜(再春館製薬)

8位 奥原希望(日本ユニシス)

13位 佐藤冴香(ヨネックス)

17位 大堀彩(トナミ運輸)

18位 三谷美奈津(NTT東日本)

28位 高橋沙也加(日本ユニシス)

36位 峰歩美(再春館製薬)

40位 川上紗恵奈(北都銀行)

57位 鈴木温子(ヨネックス)

64位 仁平菜月(トナミ運輸)

僅かな期間で順位変動が起こる可能性がある。

 

 

なお、女子ダブルス松本麻佑/永原和可那カナダオープン優勝からの連勝はならず、準優勝で終わった。

 

男子ダブルス、女子シングルス、女子ダブルスの混戦はどこまでつづくのか?

楽しみがいっぱいだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小暮 直隆BWF情報

投稿者プロフィール

1956年12月21日生 170cm 72キロ B型 
群馬県太田高校→北海道大学→塾講師→暇人 

40歳を過ぎて始めたバドにはまりシニア大会などに参加していたが、体力低下とともに情報通の道へ方向修正中!
バドに関するデーターを収集することで上達を早められるのではないかと模索!

全日本シニア(MS.MD )出場
関東シニア(MD)3位
バドミントン大好きなバド変態(笑)

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白

広告

ページ上部へ戻る