SSPインドネシアOP 坂井一将、佐藤冴香選手 決勝!!!

苦労人の二人坂井一将、佐藤冴香選手が、決勝進出を決めた。

それもスーパーシリーズプレミアであるインドネシアオープンで!!

 

男子シングルスはシード選手が次々と崩れる中で、シード外のふたりの決勝となった。

対戦相手は インドのキダンビスリカンス選手24歳。

現在の世界ランキングは22位とは言え、かつては世界ランキング3位を記録しており、桃田選手のライバルでもあった。

今までに対戦はないが、世界ランク47位の坂井選手にも大いにチャンスはある。

ほぼ同身長(180cm弱)のふたりの対決は、勢いに乗る坂井選手と復調著しいキダンビ選手のガチンコだ。

A9509AF9-8009-48A4-A4E2-486F125004C5_jpg

6C8F6FDE-65A8-4755-B8E3-4501791937C4

女子シングルスもシード選手が次々敗れる中、第5シードながら決勝進出を果たした韓国のスンジヒュン選手(WR5位)に

世界ランク17位の佐藤冴香選手が挑む事になる。

佐藤選手にとっては対戦成績が1勝12敗でスン選手に大きくリードを許しているところも気になるところだが、

山口茜選手選手とのファイナルゲームを含め3戦連続でファイナルゲームをしてきており、

疲労の度合いも気になるところだ。

身長171cmの佐藤選手に対し、175cmのスンジヒュン選手との対戦は 豪打の炸裂する対決になることは必至で、

我慢比べ根比べと、強い精神力の戦いになりそうだ。

18BDE483-5C63-4C57-8D4F-47EEECBEA966_jpg

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小暮 直隆BWF情報

投稿者プロフィール

1956年12月21日生 170cm 72キロ B型 
群馬県太田高校→北海道大学→塾講師→暇人 

40歳を過ぎて始めたバドにはまりシニア大会などに参加していたが、体力低下とともに情報通の道へ方向修正中!
バドに関するデーターを収集することで上達を早められるのではないかと模索!

全日本シニア(MS.MD )出場
関東シニア(MD)3位
バドミントン大好きなバド変態(笑)

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白

広告

ページ上部へ戻る