トレーニング前の運動

皆様おはようございます。
メディカルバド担当の月生(げっしょう)です!!

本日も記事を読んで頂きありがとうございます。

今回も明日から使える内容をお届けいたします!!

第七回
「全身運動って!?」

練習前のアップ。

皆さんはどのようなことをされていますか??

・ランニング
・ダッシュ
・シャトル置き
・フットワーク練習

どれもとても大切です!!

ただ、まずは体が温まっているかどうか!!

体が冷えている状態で、アップをしても意味がないばかりか、悪影響を出してしまうかもしれません。

ランニングや、ジョギングなどから、全身を温めていき、そこからトレーニングを始めるようにしてください♪♪

そこからの、動的ストレッチ例について

①バービージャンプ

御存じのトレーニング。
注意点としては、しっかりと足をのばし切ること。
各動作を全力ですること。

です!!(環境的な問題で全力でできていません。悪しからず・・・)

②肩甲帯ストレッチ
バドミントンでとても重要な肩甲骨周囲の運動。

御存じの方も多いと思います。

ポイントは、肩甲骨を動かすだけでなく、背骨や鎖骨なども動かす意識をもつことです!!

明日から使える、パフォーマンスアップに繋がること!!

「体を温めてからの動的ストレッチ!!」

次回は、
運動後の静的ストレッチについて

をお送りします。

本日もお読みいただき、誠にありがとうございます!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
月生達也

月生達也理学療法士兼バドミントントレーナー

投稿者プロフィール

始めまして、理学療法士をしながら、バドミントンのトレーナーをしております、月生です。

私は、高校の頃から現在までバドミントンを続けており、今年で10年目になります。

現在は、病院で理学療法士をしつつ、大学の部活動へトレーナーとして、選手のケア・オアフォーマンスアップのためのメニュー提案やストレッチ提案などを行っています!!

バドミントンの経験と理学療法士としての知識を用いて、皆様に健康で安全なのに、パフォーマンスが向上する情報を提供できればと考えております。どうぞよろしくお願いいたします!!

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る