BWF(世界バドミントン連盟)は トップの4大会に100万ドル以上の賞金をかけた大会を企画していると発表した。

 

6段階のレベルに分けた大会を2018年から2021年までシリーズ化して行い、レベル1の大会である年末のSS-Finalは150万ドルの賞金、レベル2の大会として三つの大会(中国、英国、インドネシア)では100万ドルにするとのことだ。

 

今回の大幅な賞金額アップの構想は、マレーシアのクアラルンプールにおいてホイヤーラーセン会長によって発表された。

レベル3には5大会70万ドル、レベル4には7大会35万ドル、レベル5には11大会15万ドルだ。

BWF-Total-Partnership-Extension-200x155

「世界のバドミントンは いま成長の時を迎えている。世界の国々から期待をされるスポーツになりつつある今、レベルアップと競技力向上を目指して改革を進めていかなければならない。魅力を増したバドミントンをテレビ放送にも積極的に紹介し、スター選手が生まれることによってさらなる人気スポーツになっていけると確信している。」

とホイヤーラーセン会長は述べた。

賞金大会を開きたいと希望する国々が思いのほか多数あることに自信を深めており、2021年以後のさらなる拡張も視野に入れている様子だ。。

 

Level 1: (Superseries finals, US$1.5 million)

Level 2: China, England and Indonesia (US$1 million)

Level 3: China, Denmark, France, Japan and Malaysia (US$700,000)

Level 4:  Hong Kong, India, Indonesia, Korea, Malaysia, Singapore and Thailand (US$350,000)

Level 5: Australia, Chinese Taipei, Germany, India, Korea, Macau, New Zealand, Spain,

Switzerland, Thailand and USA (US$150,000)

level6: open category

BWF-logo-holding-device

参考:BWFホームページ http://bwfbadminton.com/2017/03/19/bwf-launches-new-event-structure/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小暮 直隆BWF情報

投稿者プロフィール

1956年12月21日生 170cm 72キロ B型 
群馬県太田高校→北海道大学→塾講師→暇人 

40歳を過ぎて始めたバドにはまりシニア大会などに参加していたが、体力低下とともに情報通の道へ方向修正中!
バドに関するデーターを収集することで上達を早められるのではないかと模索!

全日本シニア(MS.MD )出場
関東シニア(MD)3位
バドミントン大好きなバド変態(笑)

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る