「癖動作矯正指導法」の実技公開(オーバーヘッド(上打ち)矯正編)

こんにちは。樋口です。

以前、「癖動作矯正指導法」についての概要を紹介させて戴きました。
(→2017/1/16コラム「癖動作矯正指導法〜その効果と手法」

今回はその実技編としまして、オーバーヘッドストローク(上打ち)の矯正を紹介させて戴きます。
最後までお付き合いのほど、宜しくお願い致します。

 

(ステージ1)
【グリップの握り方再構成】

以下のコラムをご参照ください。
(→2016/5/30コラム「いまだから改めて考える「フォアハンドグリップ」の握り方」

 

(ステージ2)
【前腕回内動作と上半身動作の再構成】

前腕回内準備動作0 前腕回内準備動作1 前腕回内準備動作2 前腕回内準備動作3 前腕回内準備動作4 前腕回内準備動作5 前腕回内準備動作6

 

肘引き回内動作1 肘引き回内動作2 肘引き回内動作3

 

上半身スイング構え 上半身スイング1 上半身スイング2 上半身スイング3 上半身スイング4

オーバーヘッドで癖動作が身につく大きな要因の1つに、身体の前に来たシャトルを打とうと、右肘と右手を大きく前に出して打ってしまうことがあります。

それらを前に出せば出すほど、ラケット面は左側に向いてしまう分、打球は左に切れてしまいます。よって、インパクト直前にグリップの握りをウエスタン(フライパン握り)に変えてしまったり、手首を極端に反らしたり(背屈)といった癖動作(代償動作)で、ラケット面を正面に向けようとしたりします。この動作が癖動作として固定されてしまいます。

ですので、矯正手段として「オーバーヘッドは横で打つ」という文言を使います。右手首や右肘は右眼の横辺りで肘を伸ばした状態で止め、打点は実際はもっと前ですので、前腕(手首〜肘)回内動作(左捻り)にてラケット面先端を前方向に落として(移動して)いき、前の打点でインパクトします。

肘や手首が顔の横に来ている限り、イースタングリップ(包丁握り)の握りでは、ラケット面は正面を向きます。

またラケット面先端を意識させることで、打点が前の位置になればなるほど、先端を前に落としていけば、クリア→ドロップ/カット→スマッシュというように、自然に打ち分けができます。

これによりスイング途中まで同様のフォームで、インパクト直前にラケット面の先端をどこまで落とすかで球種の打ち分けが可能ということが理解できます。オーバーヘッド(上打ち)のスイング構造が身をもってわかるということに繋がります。

上半身全体のフォームや連動動作の構築は、回内動作動作から少しずつ右肘を後ろに引いていき、左腕も上げていくというような段階式で、徐々に身体に馴染ませていく方法をとります。

 

(ステージ3)
【スイング全体の再構成】

<横映像編>

オーバーヘッド横1 オーバーヘッド横2 オーバーヘッド横3 オーバーヘッド横4 オーバーヘッド横5 オーバーヘッド横6 オーバーヘッド横7 オーバーヘッド横8

<正面映像編>

オーバーヘッド正面1 オーバーヘッド正面2 オーバーヘッド正面3 オーバーヘッド正面4 オーバーヘッド正面5 オーバーヘッド正面6 オーバーヘッド正面7 オーバーヘッド正面8

<完成フォーム>

オーバーヘッド(上打ち)のスイングは、7つ程の動作がレシピのように連結して構成されています。

それら動作の順番が違ったり、同時に複数の動作をおこなってしまったり、動作を抜かしてやってしまうだけで、フォームに狂いが生じて、上手く打てません。

それらの「レシピ」を守りながら、段々手早くできるようになる〜それが上達ということになります。

クッキングで慣れると段々手早くなってくるのとよく似ているといえます。

 

【補足】

(1)これらの技術練習は強く癖がついてしまった動作(ウエスタングリップなど)を矯正することを最優先にしておりますので、一般の技術練習とは性質が異なります。

ラケット面の細かい動作や左脚を引く動作(いわゆる入れ替え)など詳細な技術は、矯正終了後に各個導入していくと効率的です。

(参考1:オーバーヘッドでのラケット面の動き
(参考2:バドミントンの運動連鎖

(2)矯正フォームが崩れる(元に戻る)主因の1つに、テイクバック時の最初のフォームの乱れがあります。

フットワークから打球体勢に入った際、上記マニュアルのテイクバックフォームを毎球ごとにセルフチェックしてください。

このスタートのフォームができていれば、フォーム全体が崩れない場合が多く、できていなければ、後続の動作フォームが崩れるというケースが多いです。

(3)矯正効果継続練習について(フォームが固まるまでの間)

①ご自宅などで鏡を見ながら、短時間でもよいので、フォームをセルフチェックする。

②打ち合いの中の数秒間でも一球一球、最初のテイクバックフォームをセルフチェックするルーティンをつけると、矯正効果が持続しやすくなります。

復習の際は、このフォームを繰り返しおこないます。1動作毎にセルフチェック(自分で目視する)をおこなうことが肝要です。

例えクリアの打ち合いやノックで、打球間が1秒しかなくとも、セルフチェックする意識を毎球持つことで、100球打ったら100回フォームチェックが入ることになる分、フォーム固定が効率的になります。

お試しください。

今回も最後まで、お読みいただきありがとうございました。

(参考: 「バドミントン癖動作矯正指導プロジェクト」

 

次回は、「バックハンドロングドライブのスピードが出ない!?原因は? 」です。

※指導で、実際に有益な効果があがったことを確認の上で、報告しておりますが、技術の答えは、一つではないと考えております。他の指導法を否定する意図はございません。その点、ご理解の上で、お読み、お試しくだされば、ありがたいです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
樋口 孝雄

樋口 孝雄バドミントン技術指導者(フリーランス)

投稿者プロフィール

バドミントン技術指導者(フリーランス)
1966年2月4日生
東京都国分寺市在住
競技歴:1982~2001年
指導歴:2002年~

私のバドミントン生活は高校から始まりました。運動系全般が苦手な私でしたが、何かスポーツをやりたくてバドミントン部を選びました。
当時、技術指導者はいませんでしたので、仲間よりワンテンポ遅れてしまう自分が、どうしたら理論的に技術が身につくかを、常に考えるようになっていました。この頃の背景がベースになり、今の私の技術指導スタイルが確立されたといえます。

元来、教えることが好きなこともあり、十数年前に小学生の指導を始めました。時間が許す限り、バドミントンのみならず、他競技のDVDや書籍etc.情報を集めては分析・検証し、よりシンプルでわかりやすいスキルアップ方法とは何か、知識と経験を積み上げてきました。現在は、技術指導者のいない中学生を中心に、学齢前から成人までのサポート活動をしております。

同じ指導でも、すぐ体現できる人もいれば、時間のかかる人もいます。指導する側にも、個性を生かした工夫が求められていると、身につくまでの道のりが遠かった私自身の体験から、感じています。

これまでの蓄積と、今後のさらなる追求を少しでも共有でき、特にお悩みを抱えている方々の微力ながら、お役に立つことができれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

競技歴詳細:

東京都立小平西高→法政大学バドミントン同好会72

主催指導活動:

「癖動作矯正指導法」研究及びレッスン
中高生のためのバドミントン技術レッスンプロジェクト(西国分寺)代表者
バドミントンNPO団体 東村山フリューゲルス代表者

外部指導活動(東京都内):

堀越高等学校
練馬区立中村中学校
東久留米市立中央中学校
他中高計8校、一般2団体

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る