バドミントンと怪我

練習のしすぎや、無理な体勢からの運動によって起こる怪我

コンタクトスポーツのような激突はないものの、バドミントンに怪我が多いことは周知のこと。

慢性化しやすいことは格闘技以上かも?

生涯スポーツとしても注目される中、シニア世代は特に怪我が多くなりがちです。

ケガとの付き合いは夫婦以上ということもあるかも?

全日本シニアなどに向け練習過多になっていた方たちも この辺でいっぷくしてはいかがでしょう。

 

今回は有名選手とケガについて調べてみました。

市民競技レベルであっても いずれかのケガ経験アリとか、中には全部という方もあるのでは?

腰痛—–RIOオリンピックでの早川賢一選手

(ひざ)———-

前十字靭帯 ロンドン五輪での佐藤冴香選手、RIOでの中国リシュエリ選手

半月板  奥原希望選手左右の膝

足首の捻挫—–2015年9月YOJでの松友美佐紀選手

肉離れ—–2016年1月沖縄での強化練習中の山口茜選手(太もも?)ふくらはぎも多い

(ひじ)—–内側(ダルビッシュ、松坂大輔)、外側(バックを多く使う人)

足底筋膜炎—–マラソンの有森裕子選手、ユニシスコーチの平山優さん

アキレス腱断裂—–藤本ホセマリ選手(http://badnet.jp/archives/7643/)、野尻野匡世選手(ユニシス→日立化成)

bronds1Baidu IME_2016-11-5_14-16-39

hose1

怪我の対策には栄養補給トレイニング方法の2点が重要だと言われています。

まず栄養面では、

タンパク質+コラーゲン+コンドロイチン+カルシュウムなどの吸収をよくするため

ビタミンやミネラルも同時補給すること。

トレイニング面では、

負荷をゆっくりとかけることで、筋肉や腱、関節、骨に刺激を与え、栄養とともに組織の充実を促す

 

もちろんストレッチや整理運動も重要なのは解っているのですが、わかっていてもなかなか実行できないのが自分!?

みなさんご慈愛下さいm(_ _)m

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小暮 直隆BWF情報

投稿者プロフィール

1956年12月21日生 170cm 72キロ B型 
群馬県太田高校→北海道大学→塾講師→暇人 

40歳を過ぎて始めたバドにはまりシニア大会などに参加していたが、体力低下とともに情報通の道へ方向修正中!
バドに関するデーターを収集することで上達を早められるのではないかと模索!

全日本シニア(MS.MD )出場
関東シニア(MD)3位
バドミントン大好きなバド変態(笑)

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る