レシーブやロビングが腕打ちになってしまう。原因はなに?(上半身の姿勢)

こんにちは。樋口です。

スマッシュやプッシュのレシーブやロビングなどアンダーハンドを打つ時に、安定して返球できないことはありませんか?

よくあるのが、見た目、腕だけを振り抜いているようなスイングが原因のことがあります。

さて、この腕だけを振り抜いているようなスイング「腕打ち」はなぜ発生するのでしょうか?

原因はどこにあるのでしょうか?

今回はその原因、構造と対策を考えてみます。
最後まで宜しくお願い致します。

 

(ステージ1)
【腕打ちの原因】 レシーブの姿勢で、上半身が真っ直ぐになっていること

IMG_0621

アンダーハンドのレシーブは、「前に押す動作」と「前方斜め上に振りあげる動作」のハイブリッドで構成されています。

並びは、「前に押す動作」→「前方斜め上に振り上げる動作」という順で連結しています。

「前に押す動作」は、前方に出した手首の少し前付近と腹部間の前後の距離内で行われます。

よって、上半身が真っ直ぐですと、肩と腹の間の前後距離がほぼゼロなので、その分、前に押す距離が短くなります。よってシャトルを前に押し返す力が弱くなってしまいます。

弱くなる分を補おうと、前方斜め上に振りあげる動作を大きくしてしまいます。しかし、前方向にラケット面は移動していないため、強く押し返す効果は低くなります。

大きく腕を振っているが、距離が出ない、すなわちそれが「腕打ち」という形で見えます。

 

(ステージ2)
【対策】前傾姿勢をとり、右肩と腹部の距離を出すようにしてスイングする

IMG_0622

前傾姿勢は両股関節を曲げるようにします。股関節を曲げると自然に両膝も軽く曲がります。
膝を曲げても上半身は真っ直ぐということもありますので、曲げる意識は股関節がよいと考えます。

スイングは右腕で行われますので、右肩を支点とした円軌道です。 前傾姿勢をとり右肩が前に出ると、腹部付近から右肩の下の位置までは、ちょうど円の下の部分にあたり、ラケット面は後方から前方方向に移動する軌道になります。

ですので、強く前方方向にシャトルを押し出すことができます。

因みに、ラケット面は右肩を過ぎると、肩を支点にした円運動に基づき、前方斜め上方向に移動していきます。これで、シャトルが斜め上方向にも移動し、ネットを越えていきます。

バックハンドの際には、左肘、左肩を後ろに引きます。連動して、右肩、右肘が前に出る(左腰を支点に上半身のみ半身に捻れる)分、前に押せる距離はさらに拡がり、より強く返球できます。

フォアも右斜め前に右肩をやや捻り出すようにすると(腰支点で)、上記と同理由でより強い返球が出ます。

お試しください。
今回も最後まで、お読みいただきありがとうございました。

次回は、「急発進のコツ!〜カラダは急に進めない!?」です。

※指導で、実際に有益な効果があがったことを確認の上で、報告しておりますが、技術の答えは、一つではないと考えております。他の指導法を否定する意図はございません。その点、ご理解の上で、お読み、お試しくだされば、ありがたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樋口 孝雄バドミントン技術指導者(フリーランス)

投稿者プロフィール

バドミントン技術指導者(フリーランス)
1966年2月4日生
東京都国分寺市在住
競技歴:1982~2001年
指導歴:2002年~

私のバドミントン生活は高校から始まりました。運動系全般が苦手な私でしたが、何かスポーツをやりたくてバドミントン部を選びました。
当時、技術指導者はいませんでしたので、仲間よりワンテンポ遅れてしまう自分が、どうしたら理論的に技術が身につくかを、常に考えるようになっていました。この頃の背景がベースになり、今の私の技術指導スタイルが確立されたといえます。

元来、教えることが好きなこともあり、十数年前に小学生の指導を始めました。時間が許す限り、バドミントンのみならず、他競技のDVDや書籍etc.情報を集めては分析・検証し、よりシンプルでわかりやすいスキルアップ方法とは何か、知識と経験を積み上げてきました。現在は、技術指導者のいない中学生を中心に、学齢前から成人までのサポート活動をしております。

同じ指導でも、すぐ体現できる人もいれば、時間のかかる人もいます。指導する側にも、個性を生かした工夫が求められていると、身につくまでの道のりが遠かった私自身の体験から、感じています。

これまでの蓄積と、今後のさらなる追求を少しでも共有でき、特にお悩みを抱えている方々の微力ながら、お役に立つことができれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

競技歴詳細:

東京都立小平西高→法政大学バドミントン同好会72

主催指導活動:

「癖動作矯正指導法」研究及びレッスン
→(http://minton.blog.jp/archives/306166.html)
中高生のためのバドミントン技術レッスンプロジェクト(西国分寺)代表者
バドミントンNPO団体 東村山フリューゲルス代表者

外部指導活動(東京都内):

堀越高等学校 男子バドミントン部
実践学園高等学校 女子バドミントン部
練馬区立中村中学校
東久留米市立中央中学校
他中高計10校、一般3団体

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白

広告

ページ上部へ戻る