サービスプッシュが左に出てしまう。どうしたらいい?

こんにちは。樋口です。

ダブルスでサービスプッシュを打ったものの、よく左にサイドアウトしてしまうという経験はありませんか?

いろいろなケースはあると思いますが、今回はよくある代表的なケースについてまとめてみました。

最後までお付き合いよろしくお願い致します。

 

(ステージ1)
【原因】腕だけでプッシュをしている(腕打ち)

サービスプッシュを打つときに、腕だけでシャトルを押している場合に左サイドアウトは発生しやすくなります。

腕は肩に接続しているので、前に押していると思っても、実は肩を支点にした円運動になっているので、押せば押すほど、ラケットは左に移動します。
加えて、ラケットもイースタングリップやハーフウェスタンに握っている場合、元々面は若干左を向いているのです。

ですので、下半身を使えず、腕だけを伸ばして打った場合、左にシャトルが流れ、サイドアウトするリスクが高いのです。

 

(ステージ2)
【対処法】 サービスプッシュは、右の骨盤をもう少しシャトル方向に出し、腕はまっすぐ打ちたい方向に押すと、 体幹(身体)でシャトルを打ちたい方向に強く押せる分、 左サイドアウトがしにくくなる。

右骨盤をシャトル方向に若干捻じり出すと、捻り動作が上方向、右骨盤→右上半身(体幹右側)→右肩→右肘→右手→ラケット面と伝播し、シャトルを前方に押し出す原動力となります。

また捻り動作は右脚にも伝播し、右脚が前に1歩出ます。その動きもシャトルを前に押し出す原動力となります。

骨盤の右側を前に捻り出すという動作の大半は、上記のように骨盤回りや胴体、大腿骨周りの大きな筋肉(広背筋、大胸筋、腹斜筋、大腰筋など)が担ってくれますので、重く安定した返球が期待できます。

また肩、肘、腕、手首の小さな筋肉は、シャトルを押すという重労働な動作から解放されますので、シャトルのコントロールに集中でき、右方向への方向修正がしやすくなります。

 

あとは、右骨盤を出していくときに、右脚の床蹴りでバックアップしてあげるともっと速く右骨盤が前方に移動できます。

まずは、右足つま先を右横に向けます。相手のショートサービスで、シャトルが面から離れた瞬間、右足かかとをトンッと踏み込みます(素速く1センチくらい上げ、踏み込みます)。踏み込んだら間髪入れずに右足かかとで床を押す(蹴り)と、右脚が接続している右骨盤がグッと前に押し出されるという具合です。

 

【補足1】左手はラケットを前に出していくときに、左胸に来るように肘をたたんでいく

右腕を前に出したら、上半身のバランスをとるために、左胸の前にたたみます。ボクサーが真っすぐ前にパンチを出したときに、左手を左胸前にたたむのと同じ原理です。

くれぐれも左手は下にさげたままにしないでください。身体がやや左方向に回転してしまい、左にシャトルが飛んでしまうことになります。

 

【補足2】サービスレシーバーが後方を気にしながらサービスプッシュを打つと、手打ちになりやすい

ダブルスでは、サービスプッシュを打ったのちに、前衛になって攻撃を継続します。しかし、プッシュした後、ロブが打たれた場合に自分が後ろに下がって攻撃をしようと考えてしまうと、重心(骨盤付近)が後ろに残ってしまいがちな分、手打ちになりやすくなります。

 

【補足3】サービスプッシュの打点はなるだけネットに近い位置で触った方が有利になる

上記の骨盤を入れた動作ができるようになってきたら、なるだけネットの近くでシャトルを触れるように意識します。自分のラケットとネット間のシャトル往復時間が短くなるため、相手の返球対応時間を削ることができます。(→2016/4/21コラム「ドロップやカットでしつこく繋いでくる相手にどう対処すればいいの?」

 

補足4】構えたときのラケット面と顔の距離は変えないようにして、前に跳びつく

跳びつくということは、ラグビーなどのタックルと同様、自分の体重が丸ごとシャトルに体当たりする動作になる分、かなりのパワーでシャトルを吹き飛ばします。

したがって、ラケット面を引いて反動をつけて打つ必要がありません。せいぜい、インパクトの瞬間に中指〜小指を握りこめば足ります。

逆に引いてしまうと、パワー過剰でアウトにしたり、振りすぎてネットしたりするリスクが高くなってしまいます。

お試しください。

今回も最後まで、お読みいただきありがとうございました。

次回は、「左手を下げないで上げておくためのコツとは? 」です。

※指導で、実際に有益な効果があがったことを確認の上で、報告しておりますが、技術の答えは、一つではないと考えております。他の指導法を否定する意図はございません。その点、ご理解の上で、お読み、お試しくだされば、ありがたいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樋口 孝雄バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)

投稿者プロフィール

バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)
1966年2月4日生
東京都国分寺市在住
実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ

競技歴:1982~2001年
指導歴:2002年~

私のバドミントン生活は高校から始まりました。運動系全般が苦手な私でしたが、何かスポーツをやりたくてバドミントン部を選びました。
当時、技術指導者はいませんでしたので、仲間よりワンテンポ遅れてしまう自分が、どうしたら理論的に技術が身につくかを、常に考えるようになっていました。この頃の背景がベースになり、今の私の技術指導スタイルが確立されたといえます。

元来、教えることが好きなこともあり、十数年前に小学生の指導を始めました。時間が許す限り、バドミントンのみならず、他競技のDVDや書籍etc.情報を集めては分析・検証し、よりシンプルでわかりやすいスキルアップ方法とは何か、知識と経験を積み上げてきました。現在は、技術指導者のいない中学生を中心に、学齢前から成人までのサポート活動をしております。

同じ指導でも、すぐ体現できる人もいれば、時間のかかる人もいます。指導する側にも、個性を生かした工夫が求められていると、身につくまでの道のりが遠かった私自身の体験から、感じています。

これまでの蓄積と、今後のさらなる追求を少しでも共有でき、特にお悩みを抱えている方々の微力ながら、お役に立つことができれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

競技歴詳細:

東京都立小平西高→法政大学バドミントン同好会72

主催指導活動:

「癖動作矯正指導法」研究及びレッスン
→(http://minton.blog.jp/archives/306166.html)
西国分寺バドレッスン for 中高生 代表者
→ (https://minton.jp/Group/detail/158)
バドミントンNPO団体 東村山フリューゲルス代表者

外部指導活動(東京都内):

実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ
堀越高等学校 男子バドミントン部
練馬区立中村中学校
東久留米市立中央中学校
他中高計8校、一般3団体

この著者の最新の記事

関連記事



空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る