左手を下げないで上げておくためのコツとは?

こんにちは。樋口です。

左手はバドミントンにおいては、黒子(くろこ)的な存在です。
ラケットを持っている右手と違い派手さはありませんが、上半身や身体のバランスをとる重要な役割をしています。

特に激しい動きが伴うバドミントンにとっては、とても重要です。

左手を上げていないと、ダブルスの前衛でバック側に来た球も左にバランスを崩してしまったり、ラウンド側に来た低い球をスマッシュしようとして、左に上半身が回転してしまって、床にシャトルを叩きつけてしまったりすることもあります。

そんな重要な左手ですが、どうしても下がってしまう、何度もコーチから「上げて上げて」と言われても、気がつくと下がってしまっている。

どうしたら、左手が下がらないようにできるでしょうか?

今回も最後までよろしくお願い致します。

 

【原因】左腕、左手、左指全体の筋肉が緩んでいるため

左腕全体を支えているのは筋肉です。骨があり、それをいくつもの筋肉で支えているというのが腕の解剖学的構造になっています。

腕を上げた状態ですと、下向きに重力がかかる分、筋肉が緩んでいると、手や肘といった、骨が大きくなっていたり、骨や筋肉の密度が多かったりする部分が下に落ちやすくなります。それを維持するには筋肉的に負担がかかり、なかなか腕を上げているという姿勢維持が苦手ということになります。

 

【対策】指に力をいれるようにする

浅野選手

サッカー日本代表の浅野選手がゴールを決めるとおこなうポーズ「ジャガーポーズ」、まさにあの状態が指に力を入れた状態になります。

そして、前衛プッシュとドライブはジャガーポーズ、それ以外のケース(オーバーヘッドやサイド、アンダーなどのストロークなど)は、指をピンと伸ばして指に力を入れた(甲側の手、腕の筋肉が硬直する)ほうがやりやすいです。

 

【理由】なぜ、指に力をこめると腕が下がりにくくなるのか?

前腕の腱

あの形で、第2指関節あたりに力を入れると、腕が硬直します。指を動かす(曲げる、伸ばす)筋肉の多くが前腕(手首〜肘)に集まっていますので、指先から肘までは棒のように硬くなって、手首関節が曲がって手が下に垂れ下がるという現象が防止できます。

手は軽くはないため、下がると腕全体も下がりやすくなりますが、それを防げる分、下がりにくくなります。

そして、硬直した前腕の筋肉群の下には、肘関節を跨いで上腕(肘〜肩)から接続している筋肉(力こぶ;上腕二頭筋、上腕裏側;上腕三頭筋など)があるため、それらの筋肉群も若干硬くなります。

それらが硬直すると、肘関節が引っ張られて曲がりにくくなるため、肘が下に落ちにくくなる分、腕が下がりにくくなります。

そして、上腕の筋肉群は肩の骨に接続していますので、肩を上腕側に若干引っ張る形となり、肩関節から腕全体も落ちにくくなります。

上記、3重効果により、手、肘、腕全体が落ちにくくなるため、左腕全体も下がらない効果が期待できます。

 

【補足】そもそも左手が下がると、なぜバランスが悪くなるのか?

左手下がり

上記【理由】を全く逆におこなった場合ということになります。
手を下げることは、指、手、腕、肩各筋肉が弛緩した(緩んだ)状態になります。ですので、連動した肘関節、肩関節も弛緩した結果、下方向に下がってしまいます。

肩が下がると、上半身全体も左に傾いてしまうため、バランスが悪くなるのです。上半身が傾くと、上半身が接続している骨盤にも傾きが伝わり、左下半身も左に傾くこともあります。

以上、練習の参考にして戴ければ幸いです。

今回も最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

次回は、「技術の定着は、体育館で起きてるんじゃない、自宅で起きてるんだ!(静止時フォームチェックの大切さ) 」です。

※指導で、実際に有益な効果があがったことを確認の上で、報告しておりますが、技術の答えは、一つではないと考えております。他の指導法を否定する意図はございません。その点、ご理解の上で、お読み、お試しくだされば、ありがたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樋口 孝雄バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)

投稿者プロフィール

バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)
1966年2月4日生
東京都国分寺市在住
実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ

競技歴:1982~2001年
指導歴:2002年~

私のバドミントン生活は高校から始まりました。運動系全般が苦手な私でしたが、何かスポーツをやりたくてバドミントン部を選びました。
当時、技術指導者はいませんでしたので、仲間よりワンテンポ遅れてしまう自分が、どうしたら理論的に技術が身につくかを、常に考えるようになっていました。この頃の背景がベースになり、今の私の技術指導スタイルが確立されたといえます。

元来、教えることが好きなこともあり、十数年前に小学生の指導を始めました。時間が許す限り、バドミントンのみならず、他競技のDVDや書籍etc.情報を集めては分析・検証し、よりシンプルでわかりやすいスキルアップ方法とは何か、知識と経験を積み上げてきました。現在は、技術指導者のいない中学生を中心に、学齢前から成人までのサポート活動をしております。

同じ指導でも、すぐ体現できる人もいれば、時間のかかる人もいます。指導する側にも、個性を生かした工夫が求められていると、身につくまでの道のりが遠かった私自身の体験から、感じています。

これまでの蓄積と、今後のさらなる追求を少しでも共有でき、特にお悩みを抱えている方々の微力ながら、お役に立つことができれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

競技歴詳細:

東京都立小平西高→法政大学バドミントン同好会72

主催指導活動:

「癖動作矯正指導法」研究及びレッスン
→(http://minton.blog.jp/archives/306166.html)
西国分寺バドレッスン for 中高生 代表者
→ (https://minton.jp/Group/detail/158)
バドミントンNPO団体 東村山フリューゲルス代表者

外部指導活動(東京都内):

実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ
堀越高等学校 男子バドミントン部
練馬区立中村中学校
東久留米市立中央中学校
他中高計8校、一般3団体

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る