スーパーシリーズ賞金と個人の稼ぎ

オリンピックを終えてスーパーシリーズの後半戦が始まりました。

ヨネックスオープンジャパンYOJにはたくさんの観客が集まりオリンピック金メダル銅メダル効果でした。

bronds1akane5

オリンピックは名誉の戦いですがバドミントンのトーナメントは賞金を争う大会になってきています。

スポンサーにとって重要な競技になっているということでしょう。

そこでまずはスーパーシリーズSS及びスーパーシリーズプレミアSSP賞金総額(USドル)をまとめてみました。

SSは30万ドル以上、SSPは55万ドル以上と決まっています。

賞金総額(USD)

全英OP       SSP   550,000
インドOP      SS    300,000
マレーシアOP    SSP   550,000
シンガポールOP   SS    350,000
(アジア選手権)    (SS)    200,000
インドネシアOP   SSP   900,000
オーストラリアOP  SS   750,000
ジャパンOP    SS    300,000
韓国OP       SS    600,000
デンマークOP    SSP   700,000
フレンチOP     SS    300,000
中国OP       SSP   700,000
香港OP       SS    350,000
SSファイナルズ  SSF   1,000,000

最高額はスーパーシリーズファイナルズですが、さすがのインドネシアも頑張っています

また、オーストラリアOPスーパーシリーズでの開催ながらYOJの2.5倍の賞金総額です。

2013年までグランプリゴールドでの開催で25万ドルであったことを考えると、オーストラリアの期待度がうかがえます。

 

オリンピック、世界選手権、団体戦のトマス杯・ユーバー杯・スディルマン杯などは、賞金がありません。

日本選手の賞金日本協会に振り込まれて一部強化費に当てられ、各個人に配布されるようです。

詳細が2016.4.8付け日刊スポーツにありましたhttp://www.nikkansports.com/sports/news/1628394.html

 

追伸

個人ごとの賞金獲得ランキングは次の機会にご紹介します。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小暮 直隆BWF情報

投稿者プロフィール

1956年12月21日生 170cm 72キロ B型 
群馬県太田高校→北海道大学→塾講師→暇人 

40歳を過ぎて始めたバドにはまりシニア大会などに参加していたが、体力低下とともに情報通の道へ方向修正中!
バドに関するデーターを収集することで上達を早められるのではないかと模索!

全日本シニア(MS.MD )出場
関東シニア(MD)3位
バドミントン大好きなバド変態(笑)

この著者の最新の記事

関連記事



空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る