オリンピック出場選手紹介7 XD数野健太選手

数野健太と早川賢一は一つ違い。

大津市の小中高、さらに大学、実業団も同じ道を歩んできた。

かつてはダブルスを組んでいたが、初めての五輪は別々のペアとなってつかんだ。

 

2010年にふたりのペアを解散したあと、数野は日本代表落ちも経験した。

「賢一に置いていかれないように、と素直に頑張れた。」(数野)

早川選手も「まだやれるよ」と励まし、一緒にリオへ行く夢を諦めなかった。

thQO1OPW4J

かずのけんた 11/25/1985生まれ

171cm 右利き  ガット30ポンド

滋賀県大津市立日吉中→比叡山高校→日本大学→日本ユニシス

男子ダブルス最高位14位(2015.7.23)with 山田和司

混合ダブルス最高位14位(2016.7.8)with 栗原文音  現15位

日吉中学は琵琶湖西岸の大津港から西へ700m

比叡山高校はそこから西に1500m

比叡山高校からリオオリンピックに数野健太選手と早川賢一選手が出場する

また日吉中学出身者には垣岩令佳選手(前オリンピック銀メダリスト)がいる

競技開始年齢6歳 ジュニア時代には滋賀の強豪・坂本スポーツ少年団に所属

当時の坂本スポーツ少年団には、多谷郁恵、数野健太、早川由希子(姉)、早川賢一(弟)ら

全国大会で活躍した選手が多く在籍しており、自然と強くなっていた

 

2000年大津市立日吉中学校3年の時、全中団体・シングルス優勝。

2003年比叡山高等学校3年の時、インハイシングルス優勝。

2006年日本大学3年の時、早川賢一とのペアでインカレダブルス優勝。団体との二冠。

2007年、4年の時、ダブルス二連覇。

2013年大阪インターナショナルチャレンジで、山田和司とのペアでダブルス優勝。

以後2015年まで三連覇。

2015年スディルマンカップから栗原文音とペアを組む。

この大会、3勝1敗の成績を収め、日本の銀メダル獲得に貢献した。

この年の全日本総合選手権大会では優勝。

ペア結成から1年で国際大会のポイントを積み重ね、

2016年5月5日付の世界ランキングで18位に入り、

リオデジャネイロオリンピック出場を決めた

 

早川とのペア解散から6年。

「長く続けられたのは賢一がいたから。相手に向かっていくプレーをして、五輪を楽しみたい」(数野)

「健ちゃんについてきて良かった。互いに高め合って一つずつ勝っていきたい」(早川)

「本当の兄弟のような存在。大舞台で一緒にメダルを取りたい」と声をそろえる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小暮 直隆BWF情報

投稿者プロフィール

1956年12月21日生 170cm 72キロ B型 
群馬県太田高校→北海道大学→塾講師→暇人 

40歳を過ぎて始めたバドにはまりシニア大会などに参加していたが、体力低下とともに情報通の道へ方向修正中!
バドに関するデーターを収集することで上達を早められるのではないかと模索!

全日本シニア(MS.MD )出場
関東シニア(MD)3位
バドミントン大好きなバド変態(笑)

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る