オリンピック出場選手紹介6 MD遠藤大由選手

ENDO Hiroyuki

生年月日:12/16/1986  AB型                                                     出身地:Kawaguchi, Saitama, Japan
身長:171 cm
住所地:Tokyo, Japan

競技開始年齢 7歳          ガット 32ポンド

埼玉県里中 → 小松原高校 → 日本体育大学→日本ユニシス

最高世界ランキング2位/男子ダブルス(2014年6月19日付)with早川賢一

Current Ranking現BWF8位 (7/14/2016)

 

小中学の頃は全国ではベスト8が最高位であったが

中三の全国中学でベスト4に入り自信をつけ始める

高校1年の選抜大会MS準優勝

2年の高校選抜大会MS初優勝

3年時のインターハイでは山田和司と組んだダブルスを優勝

同じく3年時の全日本ジュニアでMS優勝

 

日本体育大学に進学以降

2年のインカレシングルス優勝したが3年時は準優勝

endoou4

2009年日本ユニシスに入社し社会人になってからすぐに早川賢一選手と組み始めたわけではなく

2年目の後半から本格的ペアリングとなった

2010年オーストラリアOPグランプリ国際大会初優勝

´12年USオープンGPG優勝など

全英オープン過去二度の準優勝があるがスーパーシリーズの優勝がない

スーパーシリーズ以上の大会優勝0準優勝64強以上11回

2012アジア選手権 準優勝

2012,13,14全日本総合3連覇

endo5

「小さい頃はラケットワークがうまく、シャトルに対する感覚がよかった。

こんな子がいるのかと驚いた。

性格はナイーブで繊細でしたが、優しい心も持っていて、運動能力も高かった。

体力測定では全国トップクラスの選手が出す数字を出していた」帰山監督(小松原高校)

チームメートからの評価でも運動能力は抜群のようだ

本人によればアピールポイント「やる気あふれるプレー」、モットーは「勝つこと」

というから 意外と強気なのかもしれない

 

参考:日本リーグオフィシャルプログラム、バドマガ、ウィキペディア、日本ユニシスHP
Most memorable match: All England Open

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小暮 直隆BWF情報

投稿者プロフィール

1956年12月21日生 170cm 72キロ B型 
群馬県太田高校→北海道大学→塾講師→暇人 

40歳を過ぎて始めたバドにはまりシニア大会などに参加していたが、体力低下とともに情報通の道へ方向修正中!
バドに関するデーターを収集することで上達を早められるのではないかと模索!

全日本シニア(MS.MD )出場
関東シニア(MD)3位
バドミントン大好きなバド変態(笑)

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る