腸脛靭帯炎③

皆さんこんにちは。

西澤です。

今回は腸脛靭帯炎に対するケアやストレッチ法です。

とは言いましても、今までの記事の中でも触れてきている方法が多々ありますので、改めておさらい程度に復習していただきます。

 

まずは代表的な物として、フォームローラーやグリッドローラーで行なうリリース方法。

続いては大腿部前面のストレッチ法

実際はサイドだけを伸ばす方法も大事ですが大腿部の硬さのせいでの動作不順も多いということで基本ですね。

足してお尻の筋肉もしっかりストレッチして下さい。

そして、今回はこちらを用意してみました。

少し複雑ですが、大腿部のストレッチに胸郭の回旋の動きを取り入れたエクササイズになります。

なんで胸郭必要なん?とお思いかと思いますが、

例えばランニングフォームに関して、腕の振りは胸郭回旋で行われている部分もある為、ある程度の柔軟性は保てたほうがいい訳です。

ということでまずは寝て行っても良いのですが、立って行うことにより難易度を上げるのもチャレンジしてみてください。

ではでは。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西澤孝仁 (N-fit整骨院)

投稿者プロフィール

 生年月日:1987年11月26日
 資格:柔道整復師
 活動内容:長野県の北信地域にて、整骨院開業。
長野県高体連バドミントン大会トレーナー
AC長野パルセイロBCトレーナー
その他種目トレーナー活動中
 バド歴:中学、高校バドミントン部に所属。
       インハイ出場経験有り。

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る