肩関節後方部痛④

皆さんこんにちは。
西澤です。

今回はQLS(肩関節後方部)の疾患についてのテーピングのレクチャーをしたいと思います。

まずは要点として覚えておきたいのが、この疾患のターゲットは脇の後ろ辺りの組織の不全により、引き起こされたものであるということ。

という事は少なからず肩甲骨の後方スライドがイマイチな場合が多いのです。
なのでテーピングはシンプルにかつ効率よくというのが大事かと思います。
動画内でも説明はしてますが、
①肩甲骨の先端部から背骨に向かいながら貼ります。
②テーピングの強度が足りない場合はもう一枚ズラして貼ります
③場合によってはターゲット筋の小円筋辺りに貼ります

あくまで一例ですがお試しください。

ではでは。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西澤孝仁 (N-fit整骨院)

投稿者プロフィール

 生年月日:1987年11月26日
 資格:柔道整復師
 活動内容:長野県の北信地域にて、整骨院開業。
長野県高体連バドミントン大会トレーナー
AC長野パルセイロBCトレーナー
その他種目トレーナー活動中
 バド歴:中学、高校バドミントン部に所属。
       インハイ出場経験有り。

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る